CF NETWORK - クラウドファンディング系ウェブメディア

株式投資型クラウドファンディング「エメラダ・エクイティ」で個人投資家がベンチャー企業を応援できる時代へ

株式投資型クラウドファンディング「エメラダ・エクイティ」で個人投資家がベンチャー企業を応援できる時代へ

(トップ画像参照:ウェブサイトより)

ベンチャー企業への投資は、従来までは知り合いのつながりや一部のベンチャーキャピタル等に限られていました。未上場の企業だと情報収集や手続きが難しいため、個人投資家ではなかなか手が出せないことが多かったのです。
そこでエメラダ株式会社は11/7に、個人がベンチャー企業への投資に相乗りすることが可能なサービス「エメラダ・エクイティ」をリリースしました。当ブログで主に取り扱う商品購入型クラウドファンディングとは一風異なる、株式投資型クラウドファンディングについてご紹介します。

「エメラダ・エクイティ」とは

「エメラダ・エクイティ」とは、個人がベンチャー企業に対して1社49万円まで出資できるサービスです。

エメラダ社の基準によりピックアップしたベンチャー企業を投資案件として取り扱うので、個人投資家側はリスクを抑えながら、魅力的なベンチャー企業に投資することが可能になります。一方、ベンチャー企業側にとっても資金を集められるチャンスが大きくなります。

投資したベンチャー企業が上場まで行った場合、またはM&Aにより利益が出た場合は個人投資家側ももちろん、リターンを受けとれます。すでに多数の企業が投資している株ではなく、自分の見込んだスタートアップ企業が急成長するのは嬉しいですね。

情報収集や手続きをサポート

エメラダ社は投資家の判断の材料になればと、経営者のインタビュー動画を通してベンチャー企業の熱意やビジョンを伝えています。

さらに「エメラダ・エクイティ」で投資すると、その後は投資した企業のニュースやイベントの情報を継続的に受けとることができます。

契約手続きや払い込みなど、ベンチャー企業に投資する際の複雑な手続きはエメラダ社が代行します。

取り扱い中の案件は?

先日まで募集していた、日本発クラフトビールカンパニー「Far Yeast Brewing株式会社」は110%で無事目標金額を達成しました。今後が楽しみですね。

(画像参照:ウェブサイトより)

現在はリクルート出身者が立ち上げた、スポーツテックの「株式会社ラントリップ」が支援募集中です。

(画像参照:ウェブサイトより)

以上、個人が「商品」ではなく気に入った「会社」に投資するクラウドファンディング「エメラダ・エクイティ」でした。どのようなベンチャー企業が取り上げられるか、今後も注目です。

エメラダ・エクイティ 株式投資型クラウドファンディング
https://emeradaco.com/

タグ

クラウドファンディングベンチャー個人投資家株式投資型

SNSでシェア

お知らせ

コメントを残す

入力エリアすべてが必須項目です。

PR

PR2

ツイート