CF NETWORK - クラウドファンディング系ウェブメディア

クラウドファンディングの一覧・比較

クラウドファンディングの一覧・比較

kickstarterを皮切りに、今や世界中で乱立しつつあるクラウドファンディングサイト。
ここ数年、日本ではアイドル戦国時代だなんて言われておりますが、世界的にはクラウドファンディング戦国時代と言っても過言ではないくらい様々なサイトが日々立ち上げられています。

海外・国内に関わらず、サイトごとに提案される企画に特色や傾向などがあります。
アート系の企画が多かったり、製品系の企画が多かったりなど多種多様です。
昨今では、ゲーム開発の企画なども目立っていますね。

そういうわけでこのページでは、いろいろなクラウドファンディングサイトを並べて簡単にご紹介していきたいと思います。

 

目次

クラウドファンディングサイト一覧・比較

国内サイト

 

サイト名

CAMPFIRE(キャンプファイアー)

campfire
URLhttp://camp-fire.jp/
特徴食べ物やアート・音楽系が多いように思います。TwitterやFacebook・メルマガなどによる集客やアカデミーを通じてのフォローなど運営による充実したバックアップが魅力です。

サイト名

READYFOR(レディフォー)

readyfor
URLhttps://readyfor.jp/
特徴日本初のクラウドファンディングサイトで、社会貢献や支援活動、ボランティアに関するプロジェクトが多いのが特徴です。またプロジェクトごとにキュレーターという担当者が付いてサポートをしてくれます。また、平均的な目標金額は100万円です。

サイト名

COUNTDOWN(カウントダウン)

countdown
URLhttps://www.countdown-x.com/ja/
特徴世界に目を向けたグローバルなプロジェクトを強く押しているのが特徴。資金調達成功時の運営手数料は集まった資金の20%です。

サイト名

kibidango(きびだんご)

URLhttp://kibi-dango.jp/
特徴他のクラウドファンディングのサイトとの違いとして【「できるかどうかわからない夢を応援するサービス」というよりは、「単なる物販ではない、新しい買い物体験を提供するサービス」を目指す】ということみたいです。面白いもの・ワクワクするクリエイティブな企画を推奨しています。

サイト名

ShootingStar

URLhttp://shootingstar.jp/
特徴プロジェクト一覧を見る限りでは、サブカル系やビジネス系のイベントが主流のように見受けられます。

サイト名

Makuake(マクアケ)

URLhttps://www.makuake.com/
特徴サイバーエージェント運営のクラウドファンディングサイト。イベントやセミナーが多いのもさることながら、募集金額が他サイトに比べて高額なのも目を引きます

サイト名

WESYM

URLhttp://wesym.com/ja/
特徴このサイトはTポイントや楽天ポイント、永久不滅ポイントなどのポイントを利用できるのが大きな特徴。サイト内ではシードというポイント(1シード=1円)でやり取りされています。

サイト名

First Flight

URLhttps://first-flight.sony.com/
特徴ソニーが運営しているクラウドファンディングサイトです。ソニー運営なだけあって、ハイテクノロジーなプロジェクトがメインなようです。まだ数は少ないものの今後が期待できるサイトです。

サイト名

academist(アカデミスト)

academist
URLhttps://academist-cf.com/
特徴「academist」は日本初の学術系のクラウドファンディングサイトです。研究費の支援を募るための企画に特化しております。未知の知的テーマに興味がある理系人にうってつけのサイトです。

サイト名

+Style(プラススタイル)

muevo
URLhttps://plusstyle.jp/
特徴+Styleはソフトバンク運営のクラウドファンディングサイトです。特徴としましてはIoT(Internet of Things)の製品をメインに扱っているようです。IoT、つまりネットに接続して様々なことを行うモノですね。通信会社のソフトバンクらしい専門性だと思います。

 

サイト名

kitchenstarter(キッチンスターター)

kickenstarter
URLhttps://kitchenstarter.jp/
特徴kitchenstarterは飲食特化型クラウドファンディングです。「食」に関するクラウドファンディングを取り扱うサイトになります。またクラウドファンディングのシステムOEM提供も行っていますので、今後このサイトをベースとしたクラウドファンディングサイトが増えていくと思います。
サイト名

WonderFLY

wonderfly
URLhttps://wonderfly.jp/
特徴WonderFLYはANAが運営するクラウドファンディングサイトです。2016年10月に発表された新しいサイトで、テーマを元にアイディアを募集し、審査に受かったアイディアがANAの全面バックアップによって制作・企業マッチング・流通までサポートしてもらえるというのが特徴です

 

サイト名

machi-ya(マチヤ)

machi-ya
URLhttp://machi-ya.jp/
特徴machi-yaはギズモード・ジャパンを運営する株式会社メディアジーンが運営しているショッピングサイトです。そのサイト内にクラウドファンディングサービスが追加されました。特徴としましては「いけてるものだけそろってる」というコピー通り、価値の高い良いプロジェクトを厳選して掲載しているという点です。実験的なチャレンジブルなプロダクトよりも完成度・クオリティの高いものが今後取り扱われると思います。

 

サイト名

Otsucle(おつくる)

mottainai
URLhttps://otsucle.jp/
特徴Otsucle(おつくる)は徳島大学から生まれて、一般社団法人大学支援機構が運営するクラウドファンディングサイトです。大学を中心に研究・教育・社会貢献などの分野を中心にしています。このサイトではよくある購入型の支援の他に純粋に研究を応援できる寄付型の支援もあります。

 

サイト名

“P’sFARM(ピーズファーム)

URLhttp://ps-farm.net/
特徴P’sFARMはポニーキャニオンが運営するエンターテイメント特化のクラウドファンディングサイトです。プロジェクトの立ち上げは一般登録ができないので、基本的にはプロジェクト支援のみになります。

 

サイト名

ENjiNE(エンジン)

URLhttps://www.en-jine.com/
特徴ENjiNE(エンジン)は株式会社Relicが運営しているクラウドファンディングサイトです。「世の中でまだ実現していない新しいサービスや商品を入手できる特別なチケットをどこよりも早く購入できる世界初となるチケット購入型のクラウドファンディングサイトです 」というように一般的なクラウドファンディングで言うところの「支援」を「チケット購入」という名称で取り扱っています。購入したチケットは他の人に譲ったり、プレゼントできるという点が特徴です。また、LINEの「Official Web App」パートナーというのも強みと思います。

 

サイト名

IRORI-囲炉裏-(いろり)

URLhttp://irori.biz/
特徴IRORIは「日本の食の生産者」を支援するクラウドファンディングプラットフォームとして2017年03月末にスタートしたサイトです。全国的に出回っていない珍しい食材、希少価値が高く個人では手に入ら ない食材、加工品や地域の伝統料理・技法など日本の食文化にフォーカスしている食専門のクラウドファンディングサイトです。

 

サイト名

GREEN FUNDING

URLhttps://greenfunding.jp/
特徴GREEN FUNDING by T-SITEはTSUTAYAグループのバックアップにより運営されるクラウドファンディングサイトです。出版・CD・DVDなどのエンタメ系からガジェット・フード・スポーツ・社会貢献などの様々なプロジェクトをサポートしていますが、プロジェクトの数よりも成功率を重視してサポートするスタイルです。T-POINTが使えて貯まるというメリットもあり、T-POINT利用者もお得です。

 

サイト名

FARM Sports Funding(ファームスポーツファンディング)

URLhttps://farm-sportsfunding.com/
特徴ファームはクラウドファンディングでアスリートを支援するスポーツ特化型クラウドファンディングです。支援方法に1回だけ支援する「都度支援」と月額固定で少しずつ長く支援する「マンスリーサポート」が選べるのが特徴ですね。

 

サイト名

ALLEZ! japan(アレ!ジャパン)

URLhttp://allez-japan.com/
特徴アレ!ジャパンはスポーツを通じて笑顔あふれる社会の構築に貢献するという理念のもとアスリートを支援するクラウドファンディングサイトです。サポート方法には個人サポーターと企業サポートがあります。

 

サイト名

GirlsYell(ガールズエール)

URLhttp://www.girlsyell.tokyo/
特徴GirlsYellは女性を応援するクラウドファンディングサイトです。「夢を叶えたい女性とファンをつなぐプラットフォーム」というコンセプトやサイト説明ページを見る限り、著名人とファンをつなぐプラットフォームみたいな感じに見受けられます。

 


国内サイト(新聞社連携)


 

サイト名

A-port

a_port
URLhttps://a-port.asahi.com/
特徴A-portは朝日新聞社が運営するクラウドファンディングサイトです。大手企業が運営していることもあって安心感がありますね。目指すところは「クラウドファンディングで支援する」というお金の使い方が日本に定着することだそうです。

 


 

サイト名

MOTTAINAIもっと

mottainai
URLhttps://mottainai-motto.jp/
特徴MOTTAINAIもっとは2016年12月からスタートした購入型クラウドファンディングサイトです。伊藤忠商事、毎日新聞社などの大手企業が運営に携わり、広報やマーケティングに加え、地元の信用組合からも強力なバックアップを得られるというのが強みです。

 

サイト名

FAN AKITA(ファンあきた)

fan-akita
URLhttps://fan-akita.sakigake.jp/
特徴「FAN AKITA」は秋田県に関することを応援するクラウドファンディングサイトです。FAN AKITAのFANは”秋田ファン”という意味の他に盛り上げる為のファン(扇)という意味もあるそうです。秋田の新聞社・銀行等による連携によるプロジェクトのブラッシュアップ・サポートがついてるのが魅力ですね。

 

サイト名

未来ショッピング Powered by ENjiNE

URLhttps://nikkei.en-jine.com/
特徴未来ショッピングは日本経済新聞社が運営しているチケット購入型のクラウドファンディングサイトになります。
「企業にイノベーションを。地方に活力を。」をスローガンにしています。ENjiNEのシステムを利用して運営しているようですが、やはり最大の特徴はビジネスに関心が強い日経の読者にアプローチできる点に尽きるでしょう。

 


国内サイト(地域密着)

サイト名

FAAVO

URLhttps://faavo.jp/
特徴「FAAVO」は地域・地方に特化したクラウドファンディングのプラットフォームです。最大の特徴は、「FAAVO宮崎」「FAAVO新潟」など、各地域のプロジェクトを専門にあつかうクラウドファンディングのサイトを、地域ごとに運営している点です。

サイト名

いしわり

iwasiri
URLhttp://ishiwari.iwate.jp/
特徴「岩手をもっとおもしろく! 岩手発のクラウドファンディング」というキャッチコピーからもお分かりの通り、岩手特化のクラウドファンディングサイトです。岩手への愛とアイデアが必要とも書かれてあり、地域のスポットに密着したプロジェクトが多いようです。

 

サイト名

開花-KAIKA-(かいか)

URLhttps://www.kaika-cf.jp/
特徴KAIKAは山口県を中心に広島や福岡などの地域活性化を目的とした投資型クラウドファンディングサイトです。投資型とされてはいますが、投資の特典として商品を受け取ることができたりするプロジェクトもあるので購入型とあまり大差無く利用することもできそうです。日本初の産学金官伝連携クラウドファンディングサイトです。

 

サイト名

ドリームレイジング

URLhttps://www.dreamraising.jp/
特徴ドリームレイジングは地域密着型クラウドファンディングサイトです。”みんなの夢を現実のものにするクラウドファンディングサービス”と銘打ち、地域でいろいろな新しいことにチャレンジする方々の夢の実現に向けて応援する地域密着型のサイトになります。また、students.dreamraising.jpでは学生がメインの「学生クラウドファンディング」というのもやっています。

 

サイト名

ふるさとチョイス ガバメントクラウドファンディング

URLhttps://www.furusato-tax.jp/gcf/
特徴ふるさとチョイス ガバメントクラウドファンディングは、政府(自治体)が行うクラウドファンディングです。自治会がプロジェクトを企画し、また目標額に到達しなくても集めた資金でそのまま事業が運営されるため、自分の支援を自治会にダイレクトに反映させられるのが強みです。
また、ふるさと納税の対象にもなりますので、節税を兼ねても利用できます。

 


国内サイト(アート・音楽・ムービー・サブカル)

サイト名

BOOSTER(ブースター)

URLhttp://www.booster-parco.com/
特徴ファンションビルを展開しているPARCOが運営しているだけあって、アート系やイベント系がメインなようです。PARCOがプロジェクトを成功させる為に最大限バックアップしてくれる旨の説明が書かれているのでアーティスト系のプロジェクトならこのサイトが良いんじゃないでしょうか。

サイト名

MotionGallery

URLhttps://motion-gallery.net/
特徴人間は誰でも芸術家であり、社会活動全てがアートであるというビジョンを強く推しているクラウドファンディングです。そのビジョンにある通りアート系が多いです。


 

サイト名

girls be

girls_be
URLhttps://girlsbe.jp/
特徴「girls be」はアイドル専門のクラウドファンディングです。アイドル達が叶えたいプロジェクトをサポートするのが主なコンセプトです。アイドル戦国時代と呼ばれて久しいですが、自分だけの推しアイドルをここから探すのも良いかもしれませんね。

 

サイト名

muevo[ミュエボ]

muevo
URLhttps://www.muevo.jp/
特徴「muevo」は音楽専門のクラウドファンディングです。音源製作・イベント・プロモーションなど音楽に関するプロジェクトに特化しています。チケットなどの事前予約販売もできるみたいなので、ミュージシャンとファンを繋ぐのに適したサービスなのではないでしょうか。

 


サイト名

ドメスチック!

URLhttp://domeschick.jp/html/
特徴ドメスチック!〜みんなでウタヒメプロデュース〜はアイドルを応援することを主体としたクラウドファンディングサイトです。企画や立案の段階だけでなく、リハーサルなどにも参加できる、アイドルを間近で応援できるスタイルとなっています。また、ドメスティックのプロジェクトの期間は最短1日最長5日と短めなのも特徴です。

 

サイト名

LikeShare

URLhttps://www.likeshare.jp/
特徴LikeShareは音楽体験を提供するファン参加型ミュージック・プラットフォームという音楽・ミュージシャン特化型のクラウドファンディングサイトです。

 


海外サイト

サイト名

Kickstarter

URLhttps://www.kickstarter.com/
特徴クラウドファンディングと言えばここ。最も有名なクラウドファンディングのサイトです。


 

サイト名

Crowdcube

URLhttps://www.crowdcube.com/
特徴ビジネスやベンチャー系などが多いクラウドファンディングサイトです。

サイト名

Indiegogo

URLhttps://www.indiegogo.com/
特徴kickstarterに次ぐ世界的に有名なクラウドファンディングサイトです。ルールが厳密なkickstarterと比べるとindiegogoはどんなプロジェクトでも申請できるわりかし自由な雰囲気があります。

サイト名

Crowd Supply

crowdsupply
URLhttps://www.crowdsupply.com/
特徴エンジニアとデザイナーへの応援を主力としているクラウドファンディングサイトだそうですが、BBQソースの企画があったりと特に制約は無さそうです。ただ、カテゴリにhackableがあったり、企画もガジェット系が多かったりするのでやっぱりエンジニアメインのサイトのような印象を受けます。

 


サイト名

Patreon

URLhttps://www.patreon.com/
特徴PatreonはYouTubeコンテンツ製作者、ミュージシャン、ウェブコミック作者向けのクラウドファンディングプラットサイトです。ファンとクリエイターを繋ぐという点に特化しており、クリエイターが定期的に、あるいは作品ごとに寄付を募ることが可能です。2017年04月に日本中でブームになったマストドンの作者もこのサイトで資金調達していました

サイト名

Experiment

experiment
URLhttps://experiment.com/
特徴Experimentは世界最大規模の科学や研究に対する活動を応援するクラウドファンディングサイトです。大学や研究機関別のプロジェクト検索などがあり、高い水準の研究プロジェクトが多いです。

 


 

終了したサイト

 

サイト名

Crowdrive (クラウドライブ)

muevo
URLhttps://www.crowdrive.com/
特徴Crowdriveはゲーム特化型クラウドファンディングサービスです。メインターゲットは「ゲームクリエイター」とその「ファン」。ゲーム制作やゲームのイベントなどゲームに関連したプロジェクトしか掲載されません。出資元にはフジテレビとセガが名を連ねているので強力なバックボーンがついてるサイトと言えるでしょう。
平成28年9月30日(金)をもちましてサービス終了しました。

 

サイト名

RocketHub

URLhttps://www.rockethub.com/
特徴アート系が目立つサイトです。サクセススクールという、プロジェクトを成功させるための入門講座ページがあります。路線変更してファンディング機能が無くなったようです

サイト名

CROSSクラウドファンディング

muevo
URLhttp://cf.xonline.jp/
特徴CROSSクラウドファンディングはアニメ、ゲーム、コミック、クリエイターに重点を置いて、原価、製造個数などの様々な理由で一般的なショップではグッズ化がしづらい商品をユーザの意見を反映させつつグッズ化することを特徴としたクラウドファンディングサイトです。サブカルのグッズに特化したサイトということになります。2017年06月に運営会社が突如破産申請を行い、それに合わせて閲覧不可となりました。

 

タグ

クラウドファンディングサイト一覧国内地域特化比較海外紹介

SNSでシェア

お知らせ

コメントを残す

入力エリアすべてが必須項目です。

PR

PR2

ツイート