CF NETWORK - クラウドファンディング系ウェブメディア

投資型クラウドファンディングとは?

投資型クラウドファンディングとは?

当サイトでは基本的に「購入型クラウドファンディング」のプロジェクトを紹介しております。
プロジェクトに対して資金を提供し、成功した暁には何かしらのリターンを得るという流れのものです。

恐らく一般的なクラウドファンディングのイメージといえばこの購入型が多いのではないでしょうか?

そちらについての解説はクラウドファンディングとはのページに記載しておりますのでよろしければご覧ください。

ですが、購入型の他にもクラウドファンディングの種類はあります。
寄付型とか投資型のクラウドファンディングです。

聞いたことはあるけども、あんまり詳しくは分からないなーという方もおられるのではないでしょうか。

今回はそうした方に向けた投資型クラウドファンディングについての説明したいと思います。

新しい資産形成の手段として注目されている投資型クラウドファンディング

「クラウドファンディング」と聞くとどんなイメージがありますか?おそらく投資する側からすると「想いを実現しようと頑張っている人に対して応援する意味合いで出資をする」というニュアンスが強いのではないでしょうか。逆に資金を集いたい人にとってはネットを活用することで、チャレンジの可能性が広がる魅力的なサービスと言えるでしょう。

実際に「クラウドファンディング」では世の中に出したいアイデア商品や芸術作品、無農薬の野菜を扱うための販売所を作りたいから資金を集い、お礼に扱っている商品やサービスを出資金額に応じてプレゼントする「購入型」がよく知られています。「投資のリターン」よりも「応援」という意味合いが強いのが特徴です。

さらに発展途上国の子ども達に対する教育や動物保護を目的にした「寄付型」の「クラウドファンディング」などのように見返りをほとんど求めないのですが、代わりに社会貢献に間接的に関われるこちらの方法もよく知られています。

そしてそれ以外にも一部ではあるものの、金融商品のように配当や利回りを目標とした「投資型」の「クラウドファンディング」も存在しているんです。

この形式を投資型クラウドファンディングと言います。

「クラウドファンディング」という名称が広まる以前はソーシャルレンディングという呼び方もされており、現在でもソーシャルレンディングはよく使われるキーワードです。

もちろんこれも通常の金融商品のように元本割れをする可能性もありますが、逆にリターンを得られる場合もあります。
実際にどんな種類があるのかさらに詳しく紹介していきます。

融資型クラウドファンディング

まずは「融資型クラウドファンディング」から紹介します。基本的な形はまず「クラウドファンディング」のシステムを提供している運営会社が投資したい人から資金を集めます。
そして、集まったお金を資金の融資を受けたい有望な事業やプロジェクトを行っている事業主に貸すというものです。

特徴として、投資をした人は決められた期間中に解約などをする事は出来ませんが、リターンとして金利を受け取れるようになります。逆に当初の予定通りに事業が進まずに予定の金利を下回る可能性もあります。
さらに投資対象の側が事業を継続出来なくなってしまった場合には元本割れをしたり、損失が発生するというリスクもあるので注意が必要です。

これまで資金を調達しようとすれば銀行からの「融資」が一般的でしたが、事業のポテンシャルは高くても審査基準に達しないために「融資」を受ける事の出来なかった新興の事業がより活性化していく可能性があります。

ファンド型クラウドファンディング

「ファンド型クラウドファンディング」というのは、「融資型」と同じく「クラウドファンディング」のシステムを提供している運営会社が投資したい人を集い資金を集めます。そして有望な事業やプロジェクトを行っている事業主に貸し付けるという基本的な流れは「融資型」と同じです。

契約期間中は解約が出来なかったり、事業の継続が難しい場合には損失が発生する可能性があるのも「融資型」と同じです。「ファンド型」のリターンの場合は配当金という形で投資家に利益が見込まれます。もちろん、事業の進み方によっては受け取れる利益が変わることもリスクとして事前に受け入れる必要がありますが、事業主は資金を調達出来る新しい手段として活用出来ますし、投資家にとっても資産運用の手段が増える形になっていきます。

株式型クラウドファンディング

「株式型クラウドファンディング」というのは一言で説明すると未上場の株を買えるというシステムです。もしも買った後に対象の企業が上場すれば、値上がりをしてキャピタルゲイン(売却益)を得られる可能性もあります。

ただし、上場企業の株に比べて圧倒的に出回っている数も少ないので気軽に売買をする事は難しいですし、事業が必ず上手くいくという保証もありません。リターンも見込めますが、リスクもかなりある投資と言えます。2016年の現在はまだ広まっているという段階には達していません。

「資産運用」と「資金調達」の新しい道筋となる「投資型クラウドファンディング」

「投資型のクラウドファンディング」は出資する側にとっては新しい投資対象が増えることになります。さらに事業主にとっては、立ち上げたばかりで銀行からの「資金調達」が難しいといった場合にもアイデアや想い次第では新しい「資金調達」の場となるポテンシャルを持った「場」として活用していけるかもしれません。

これまでの「応援」だけでなく「資産形成」の可能性もあるのですがクラウドファンディングの特徴である“人間”に投資するというスタンスは同じです

お金が集まったからすぐにアイデアや事業が形になるわけではないですし、育つための時間も必要になります。さらにクラウドファンディング自体が新しいサービスであり歴史が少ないので、少しずつ試行錯誤をしながら歩んでいくのでしょうが「投資型クラウドファンディング」はチャレンジしたい人の後押しをしてくれる新しいサービスと言えそうです。

タグ

クラウドファンディングファンド型投資型株式型融資型

SNSでシェア

お知らせ

コメントを残す

入力エリアすべてが必須項目です。

PR

PR2

ツイート