CF NETWORK - クラウドファンディング系ウェブメディア

クラウドファンディングとは

クラウドファンディングとは

クラウドファンディングとは起業家やクリエイターが新しい挑戦をするための資金調達方法として、今世界中で注目されている方法です。クラウドファンディングを活用すれば製品開発などのチャレンジに必要な資金を集めることでなく、多くの人に自分の製品や作品を告知することもできます。起業家やクリエイターにとって非常に有効的な手段であるクラウドファンディング。しかし詳細について完全に理解している人はまだまだ少ないのが実情です。今回はクラウドファンディングについての知識を詳しくご紹介していきます。

クラウドファンディングの基礎知識

そもそもクラウドファンディングとは一体何なのでしょうか?クラウドとファンディングは「群衆」という意味をもつクラウドと「資金調達」を表すファンディングを組み合わせた造語です。

クリエイターが自身のアイデアを実現したいと思っても実現のためにはお金が必要です。アイデア実現のための資金を、インターネットを通じて様々な人から資金援助を求める事をクラウドファンディングと言います。仮に、ある企業家がロボットを作りたいとしましょう。クラウドファンディング「なぜそのロボットを作るのか」「どういうロボットを作るのか」「どうやってロボットを作るのか」「ロボット作るための資金はいくら必要なのか」という計画を掲載します。計画に賛同してくれた人たちが一口〇〇〇〇円という形で出資してくれるのです。

クラウドファンディングに出資してくれた人には何かしらの見返りがあります。ロボットが完成した際には、先行して手に入ることができたり、ロボットに自分の名前が刻まれたりなどの特典が付くのです。

クラウドファンディングの歴史とは

クラウドファンディングという言葉が日本でも目に付き始めたのは比較的最近です。しかしアメリカでは2000年頃には登場しています。特に有名なのが「キックスターター。リリースされたのは2009年と少し遅咲きでしたが、今ではクラウドファンディング界の中でも圧倒的利用者数となっています。日本では2011年に「レディーフォー」が日本初のクラウドファンディングサービスとしてリリース開始。その後日本最大のクラウドファンディングサービスとなる「キャンプファイヤー」がリリースされました。

クラウドファンディングの市場は、世界的にもどんどん加速しており、2013年は5000億円だったものが、翌年には1兆円と倍近くに伸びています。日本においてはまだまだ数億円程度と規模が小さいですが、クラウドファンディングによる成功事例が増えていけば、もっと規模が大きくなるのではないかといわれています。

クラウドファンディングのメリット・デメリット

クラウドファンディングのメリット・デメリットはどのようなものがあるのでしょうか?

クラウドファンディングはプロジェクトを始める発案者と資金援助する支援者双方にメリットがあります。発案者のメリットは、銀行などの金融機関に比べて資金を集めやすいことでしょう。製品やサービスの面白いアイデアがあり、制作をするための準備も整っているけどお金だけがない場合、融資が必要です。挑戦的なアイデアであればあるほど、なかなか銀行から融資を受けることはできません。しかしクラウドファンディングは支援者が面白いと思いさえすれば、資金が集まります。また資金以外にも知名度アップと言うメリットもあります。無名のクリエイターがクラウドファンディングを使って知名度を上げたという実例も多数あるのです。一方、支援者のメリットは少ない投資で大きなリターンを期待できる点です。面白いと思えるサービスに小額から投資でき、プロジェクトが大成功を収めた場合は商品自体を手に入れたり、特典がもらえたりと大きなメリットを手に入れることができます。

しかしクラウドファンディングには計画の頓挫のリスクが常につきまといます。頓挫リスクが発案者、支援者共通のデメリットといえるでしょう。クラウドファンディングで行われた計画はすべて成功するわけではありません。発案者が計画を最後まで実行できず、頓挫してしまうことも少なくないのです。そうなると支援者は出したお金がパーになりますし、発案者も「期待に応えられなかった人」という烙印をおされ、今後クラウドファンディングでお金が集めにくくなります。

まとめ

以上、クラウドファンディングについて詳しくご紹介してきました。クラウドファンディングの市場は日本ではまだまだ小さいです。しかし日本でもクラウドファンディングを利用して自分の夢や目的を実現したいという発案者は多くいます。発案者がプロジェクト通りにきちんと計画を遂行し、クラウドファンディングに投資するとメリットがあると思えるような実例が増えていけば、日本のクラウドファンディングの市場規模もさらに上がっていくでしょう。

タグ

クラウドファンディングとは解説

SNSでシェア

お知らせ

コメントを残す

入力エリアすべてが必須項目です。

PR

PR2

ツイート