CF NETWORK - クラウドファンディング系ウェブメディア

ワインエアレーターがスマートになると・・・?フランス生まれの「Aveine」はAIでラベルを識別してデキャンティングに生かす

ワインエアレーターがスマートになると・・・?フランス生まれの「Aveine」はAIでラベルを識別してデキャンティングに生かす

ワインはお好きですか?よくワインの風味を高めるためにデキャンティングを行うことがありますが、よほど飲み慣れている人以外はさじ加減が難しいと感じると思います。

そのため、誰でもワインに適度に空気を混ぜることができるエアレーターがあるわけですが、さらに一歩踏み込んで、ワインの種類ごとにエアレーション具合も調節したいところ。そこでフランス産生まれのスマートエアレーター、「Aveine」の登場です。

「Aveine」とは

「Aveine」はワインエアレーターです。ユーザーがタッチスクリーンで自由にエアレーション時間を調整できる他、ワインのラベルをアプリで画像認識し、おすすめのエアレーションを設定するスマートなガジェットです。

アプリの役割は

ワインの識別

アプリはラベルをが画像判定しデータベースを検索します。そして理想的なエアレーションのレベルを「Aveine」に設定します。

知識を得るツールとしても

ソムリエやワインの業者、Aveineコミュニティの他のメンバーからの情報を掲載しています。お気に入りのワインについてますます詳しくなれます。

どうやって使うのか

「Aveine」本体はワインの注ぎ口にセットします。その後アプリでワインのラベルをスキャンするとエアレーション時間が設定されます。これだけで、適切にデキャンティングされたワインを味わえます。

 

まとめ

以上、スマートなワインのエアレーター「Aveine」でした。手元のワインを検索するのかと思ったら、なんとAIによる画像判定でした。発送は11月を予定しています。

「Aveine」は2018年5月10日までIndiegogoにて支援募集中です。

Aveine – Smart Wine Aerator Indiegogo
https://www.indiegogo.com/projects/aveine-smart-wine-aerator-apps-community#

企画ジャンル

技術・ガジェット製品

タグ

AIIndiegogoアプリエアレータースマートタッチスクリーンデキャンティングラベルワイン画像認識

SNSでシェア

ブログパーツ・Widget

ブログへの貼り付けコードを表示

お知らせ

コメントを残す

入力エリアすべてが必須項目です。

PR

PR2

ツイート