CF NETWORK - クラウドファンディング系ウェブメディア

キャンプファイアーやバーベキューに取り入れてみて。「BioLite FirePit」は煙が少ないファイヤーピット

キャンプファイアーやバーベキューに取り入れてみて。「BioLite FirePit」は煙が少ないファイヤーピット

「ファイヤーピット」ってアウトドア好きな人ならご存じでしょうか?日本語では「焚き火台」と訳されるようで、炎を見て楽しむ目的で生まれた道具です。

海外では結構人気で、室内用インテリアとして薪を入れなくても燃えるファイアーピットもあるようですが今回ご紹介するのは薪や炭を使うアウトドアタイプです。

「BioLite FirePit」とは

「BioLite FirePit」とは、屋外用のファイヤーピットです。煙が少なく横から炎がよく見える点、炭・薪の両方の燃料を入れられる点が特徴です。

煙が少ない

「BioLite FirePit」は通常のファイヤーピットよりも煙がかなり少ないです。

煙は炭や木を加熱したときの可燃性ガスが空気と結びつかずに大気中に出て行ったものです。「BioLite FirePit」の「51 AIR JETS」の中ではファンを回すことでガスと酸素を循環させ、煙として外へ出ていくことを防ぐ構造になっています。

この循環システムにより他にも燃料を効率的に使用できるだけでなく、ファンの速度を調節することにより炎の威力を自由に操ることができます。

コントロールはスマホのアプリから行えます。ちらちら燃える炎から盛大なキャンプファイヤーまで、多種の炎を楽しめます。

炎が見える

炎の揺らぎを見つめるのもキャンプファイヤーの楽しみの一つ。「BioLite FirePit」はサイドが網目上になっているので、火が燃える様子がよく見えます

炭でも薪も入る

「BioLite FirePit」は上段には炭が、下段には薪を入れられるようになっています。

昼間はは炭でバーベキューを楽しんだ後、上段を外してすぐにキャンプファイヤーをすることも可能です。

まとめ

以上、屋外で炎を楽しむ「BioLite FirePit」でした。発送は2018年の5月を予定しています。

「BioLite FirePit」は2017年10月21日までKickstarterで支援募集中です。

BioLite FirePit: See Fire, Not Smoke Kickstarter
https://www.kickstarter.com/projects/biolite/biolite-firepit-see-fire-not-smoke

企画ジャンル

技術・ガジェット製品

タグ

kickstarterアウトドアアプリキャンプキャンプファイヤーバーベキューファイヤーピット

SNSでシェア

ブログパーツ・Widget

ブログへの貼り付けコードを表示

お知らせ

コメントを残す

入力エリアすべてが必須項目です。

PR

PR2

ツイート