CF NETWORK - クラウドファンディング系ウェブメディア

iPhoneに挿すだけでメールを暗号化できる「blindeagle」

iPhoneに挿すだけでメールを暗号化できる「blindeagle」

持っているスマートフォンからメールやチャットの内容が知らない間に流出してしまうと落ち着かない日々を過ごすことになります。クラウドファンディングサービス Kickstarter でプロジェクト掲載中のデバイス「blindeagle」は、iPhoneなどのメールやチャットを強力なバーナム信号で暗号化し、あなたのスマートフォンをトラブルから守ってくれます。

blindeagle : world’s first unbreakable chats and emails
https://www.kickstarter.com/projects/blindeagle/blindeagle-worlds-first-unbreakable-chats-and-emai

blindeagleの特徴と仕組み

img_0322_01

img_0322_02

blindeagleは、iPhone、iPad、Macのイヤホンジャックに挿して使用する小さなデバイスです。持ち運びも簡単で常に携帯しておくことができます。
blindeagle専用のチャットアプリやメールアプリと組み合わせ、やり取りされるメッセージを暗号化してくれます。

img_0322_03

img_0322_07

img_0322_06

デバイス内部のメモリには、暗号化を実現するバーナム暗号用の暗号鍵が多数収められており、いずれかの鍵で送信メッセージを暗号化してblindeagleのサーバーへと送られます。その後サーバーは送信者用の鍵でメッセージを復号し、すぐに受信者の鍵でバーナム信号をかけて受信者へと送信します。最後に受信者側のblindeagleシステムで対応する鍵で復号してメッセージを平文に戻します。

この一連の処理にて使用される各鍵は使われると廃棄され、安全性が確保される仕組みです。

blindeagleのデモ動画はこちらから
https://ksr-video.imgix.net/assets/005/465/187/cb281729df4613a988a2f48e9c70693d_h264_high.mp4

blindeagleを導入していない場合の仕組み

メール送信先がblindeagleユーザーでない場合、サーバはメッセージを復号した後に一般的な方式で暗号化して転送します。GmailやOutlookなどのメールシステムでも受信メッセージが読み込みできるようになります。

blindeagle 購入とリターン

img_0322_04

記事執筆時点(2016年3月22日)で集めた資金は6,000ユーロ。キャンペーン期間もあと30日ありますので、気になる方はチェックしてみてはいかがでしょうか。

blindeagle : world’s first unbreakable chats and emails
https://www.kickstarter.com/projects/blindeagle/blindeagle-worlds-first-unbreakable-chats-and-emai

企画ジャンル

技術・ガジェット

タグ

iPhonekickstarterデバイス

SNSでシェア

ブログパーツ・Widget

ブログへの貼り付けコードを表示

お知らせ

コメントを残す

入力エリアすべてが必須項目です。

PR

PR2

ツイート