CF NETWORK - クラウドファンディング系ウェブメディア

ポインティングデバイスの最終進化系はカメラを使ったジェスチャーだった? カメラを使った不思議なポインティングデバイス「CozyTap」

ポインティングデバイスの最終進化系はカメラを使ったジェスチャーだった? カメラを使った不思議なポインティングデバイス「CozyTap」

今やパソコンを使う際には絶対に必要なのが、マウスやトラックパッド等のポインティングデバイスです。GUI(グラフィカルユーザーインターフェース)が基本となっている今のパソコンは、むしろこれらのデバイスがないと使えないと言っても過言ではないでしょう。ノートパソコンが普及するようになり、徐々にポインティングデバイスはトラックパッドが主流になってきましたが、この「CozyTap」は、もしかしたらその主流を大きく変えてしまうかもしれません。

指を物理的制約から開放せよ!

パソコンを利用している時にかかせないポインティングデバイスですが、色々な問題があります。

マウスはちょっと、キーボードから離れていて、右手を動かすのが面倒です。

トラックパッドだと、ドラッグの動作が鈍い(Sluggish)ですよね。

CozyTapはノートPCのカメラ部分に取り付けるデバイスです。これを取り付ける事によって、自分の手・指そのものを、ポインティングデバイス化してしまうことが出来ます。

上のgifアニメを見ていただくとおわかりの通り、マウスもトラックパッドも使わずに、キーボードの上で指を動かすだけで、パソコンが操作出来てしまいます。これはちょっとすごい。

基本操作も簡単なジェスチャーで

親指を内側に折りこむと起動

人差し指、中指でタップするような動作をすると、それぞれがクリックとして認識されます。

人差し指を折り曲げるとボタンをホールドした状態となります。そのまま手全体を動かせばホールドしたままドラッグですね。

ピンチの動作をする事でズーム。

中指の先で、親指の腹の部分をなぞる動作がスクロールです。

CozyTapには2つのバージョンがあり、上位バージョンの「Creative」を選ぶと、基本ジェスチャー以外にも、様々なジェスチャーをカスタマイズする事が可能だそうです。上の写真は、手をハートの形にして、ハートのエモーティコンを入力している様子。

まとめ

Leap Motionが登場した際は、いよいよポインティングデバイスに革命か! と、一部界隈が騒然としましたが、今でも最も使われているデバイスがマウス・トラックパッドである事は周知の事実です。キーボードも含め、PCに対して命令を入力するデバイスとして、音声入力が今なにかと話題ですが、こうした物理的入力デバイスの進化についても目が離せませんね。

尚、CozyTapについては情報が少なく、どのようなソフトウェアを利用し、どういう技術で動作しているのかがいまいちわかりません。なので、正直「買ってみないとわからない」状態ではありますが、夢を買う金額としてはそんなに高くないかもしれないので、購入を検討するのはアリかもしれませんね。

ちなみにCozyTapを使うと友達も出来るそうです。

CozyTapはIndiegogoにて、2017年7月下旬まで資金調達中です。

CozyTap: Next Generation Computer Interface | Indiegogo
https://www.indiegogo.com/projects/cozytap-next-generation-computer-interface-laptop/x/13801915#/

企画ジャンル

技術・ガジェット

タグ

Indiegogoガジェットクラウドファンディングトラックパッドパソコンマウス入力デバイス

SNSでシェア

ブログパーツ・Widget

ブログへの貼り付けコードを表示

お知らせ

コメントを残す

入力エリアすべてが必須項目です。

PR

PR2

ツイート