CF NETWORK - クラウドファンディング系ウェブメディア

スマホで自転車の鍵を開け閉め=友人とのライドシェアも可能に!自転車用スマートロック「ELLIPSE」

スマホで自転車の鍵を開け閉め=友人とのライドシェアも可能に!自転車用スマートロック「ELLIPSE」

物理的な鍵が必要ない、という状況は、まったく新しい価値を生み出すのかもしれません。

今回紹介するのは自転車用のスマートロックシステム「ELLIPSE」。専用のスマホアプリからワンタッチで施錠・解錠が出来、物理的な鍵をなくしてしまう不安から開放されます(スマホを無くしてしまうという不安は残るかもしれませんが)。それだけではなく、友人のスマホに対して招待を送り、その招待コードによる解錠までも可能になるという仕組みを搭載。単なる「スマホでロック」だけには留まらない、画期的な次世代のロックシステムです。

自転車に絶対に必要な鍵を、スマートロックに

健康志向とエコという2つの文脈があわさり、自転車で通勤・通学をする人が目立つようになりました。それに伴い、「漕げば誰でも乗れる」というその手軽さからか、盗難に合う自転車の数も増えているのは明白です。よく町中で目にする光景として、子供の腕の太さほどもある自転車の鍵をたすきがけして走っている姿をよく見かけます。自転車を買ったらまずは、絶対に盗まれないようにする鍵を手に入れる必要がある、というのはもはや常識といってもいいでしょう。

ELLIPSEは、あなたの自転車を盗難から守るスマートロック。クロームモリブデン鋼で出来たボディは、ちょっとやそっとでは壊れない強度を誇り、あなたの自転車を悪意のある盗人から守ってくれます。

スマートロックを名乗るくらいですから、ただの鍵ではありません。ガジェット好きにはたまらない、様々な機能が内蔵されています。

キーレスエントリー

スマートフォンに専用のアプリケーションをインストールし、初期設定を終えれば、あなたのスマートフォンがそのまま自転車のキーになります。近づくだけで解錠されるオートアンロック機能も搭載。スマートフォンを取り出さなくても鍵が開けられるのは便利。

加速度計を内蔵し、盗難や事故を感知

内蔵された加速度計により、ロックされた状態で移動されたり、急激な衝撃を受けたりすると、スマートフォンに通知を送る機能がついています。スマートフォンに通知が入る事で、すぐに自転車の安全を確保出来ます。また、急激な衝撃を受けると、何らかのアクシデントが発生したと感知し、クラッシュアラートモードに入ります。10秒以内にスマホのボタンをタップすれば解除されますが、そのアクションが無いと、予め設定されている番号宛にSMSを送ってくれるそうです。SMSの送り先を親や奥様にしておくことで、自らに起こった身の危険を、いち早く知らせてくれます。

友だちと自転車が共有できるシェアアクセス機能

私個人的に一番すばらしい機能だと思うのがこちらのシェアアクセス機能。友人にも専用のアプリをダウンロードしてもらい、持ち主が発行したシェアコードを入力することで、一時的にキーロックを解除。物理的な鍵の受け渡しが必要ないので、遠隔地に居ながら自転車を貸せるわけです。今流行のカーシェアの自転車版を行う時に重宝しそうですね。

ソーラー発電なので、バッテリー切れの心配ナシ

本体にソーラーパネルがついており、光で電力を供給する為、バッテリー切れの心配がありません。暗闇にずっと置いておいても、6ヶ月間はバッテリーが持つようになっていますから、夜型バイカーの人たちも安心ですね。バッテリー残量は専用アプリの画面上で確認出来ます。

まとめ

今回ELLIPSEを開発したのは、元航空機開発会社のエンジニア。空を飛んでも壊れない機体を作っていたわけですから、そりゃ上部にできていますよね。値段は普通のワイヤー錠より結構高めに設定されていますが、必要十分な強靭さと、様々な防犯の為の機能、そして普通のワイヤー錠(しかも上級レベル)の機能を兼ね備えており、盗難リスクが下がる事と、長い目で見ると必要な投資と言えるかもしれませんね。

ELLIPSEはMAKUAKEにて、7月中旬まで資金調達中です。

スマホでロックとアンロック・高強度の強靭スマート自転車ロック「ELLIPSE」 | クラウドファンディング – Makuake(マクアケ)
https://www.makuake.com/project/ellipse/

企画ジャンル

技術・ガジェット

タグ

MAKUAKEアウトドアクラウドファンディングスマートロック持ち運び自転車防犯

SNSでシェア

ブログパーツ・Widget

ブログへの貼り付けコードを表示

お知らせ

コメントを残す

入力エリアすべてが必須項目です。

PR

PR2

ツイート