CF NETWORK - クラウドファンディング系ウェブメディア

電動バイクでも自転車でもない? ハイブリッドバイク「glafitバイク」は未来の乗り物!

電動バイクでも自転車でもない? ハイブリッドバイク「glafitバイク」は未来の乗り物!

手軽に乗れる自転車ですが、坂道などはちょっとキツい。かといってスクーターはなんとなくハードルが高い…。そんなあなたに、和歌山のスタートアップが提案してきた乗り物が「glafitバイク」です。バイクでも自転車でもない、「ハイブリッドバイク」とは、一体どんな乗り物なのでしょうか?


「人々の移動をもっと便利で、快適で、楽しいものにする」というコンセプト

glafitバイクは、見た目は普通のコンパクトな自転車ですが、実は電動モーターを内蔵しているハイブリットな乗り物です。

ハイブリッドを名乗っている通り、自転車としても乗れますが、電動バイクとしての機能も持っている、という画期的な乗り物です。開発をしたのは和歌山の企業である株式会社ファイントレーディングジャパン。これまで15年以上もバイクや自動車関連用品の企画・製造を行っていたそうで、なるほど、glafitバイクの完成度の高さも頷けます。

自転車として、電動バイクとして、電動アシスト自転車として

glafitバイクの特徴は、自転車、電動バイクとしての使い方だけでなく、坂道などでアシストしてくれる電動アシストのような「ハイブリッド走行モード」を持っている事といえます。

普通にペダルを漕いで自転車の様に乗る際は、既存の電動アシスト自転車のように、たとえバッテリーが無くなったとしてもペダルが重くなったりしないそうです。普通のバイクのように、ハンドルにあるスロットルをひねれば、電動バイクとして乗ることが可能。最高時速は33km/hと、普通のスクーターと同程度の速度を出すことが可能です。そして、glafitバイク独自の「ハイブリッド走行モード」。電動アシスト自転車のように、ペダルを電気の力でアシストするのではなく、直接動輪に力を加えて走れますので、独自の加速する感覚はやみつきになりそうですね。

スペックは上記の通り。1回の充電で45km移動出来ますが、自転車になる事を考えれば、行動範囲はけっこう広くなりそうですね。ブレーキがディスクブレーキである事も、雨の時でも安心です。

折りたためばとてもコンパクトに

glafitバイクのもう一つの特徴はそのコンパクトさ。なんと工具を一切使わずに、上の写真のように小さく折りたためます。重量はわずか18キロと、普通のスクーターの1/3以下。遠くまで出かけていって、帰りはタクシーのトランクに乗せて帰ってくる、なんて事もできちゃいます。

キー不要。時代の先端を行く「指紋認証キー」

glafitバイクは鍵の紛失の心配がありません。鍵部分に指紋認証システムを導入している為、ピッと指を当てればすぐに乗れるというすぐれもの。ハイテクを余す所なく使っている所が、ガジェットヲタクの心をくすぐります。

また、オプションで、USB充電ポートを取り付けてくれるそうで、これまた、常に電源問題に悩まされている我々の救世主といえるでしょう。

まとめ

現在makuakeで資金調達中のglafitバイクですが、なんと開始3時間で目標額を達成したとの事。これだけ魅力的なのであれば納得です。

健康志向の方が増えてきて、ここ数年でまた見直されてきた自転車。都内を始め、至る所に自転車駐輪場も整備されていますので、ますます自転車でのお出かけも楽しくなりますよね。オーソドックスなモノトーンだけでなく、カーキやオレンジというカラーバリエーションもご用意。風を切って移動するのが気持ちよくなるこれからの季節。是非ともglafitバイクで颯爽とお出かけしちゃってください!

glafitバイクは現在makuakeで、9月まで資金調達中です。

自転車+バイク=glafitバイク スマートな折り畳み式電動ハイブリッドバイク | クラウドファンディング – Makuake(マクアケ)
https://www.makuake.com/project/glafit/

企画ジャンル

技術・ガジェット

タグ

MAKUAKEアウトドアクラウドファンディングバイクポータブル旅行自転車電動バイク

SNSでシェア

ブログパーツ・Widget

ブログへの貼り付けコードを表示

お知らせ

コメントを残す

入力エリアすべてが必須項目です。

PR

PR2

ツイート