CF NETWORK - クラウドファンディング系ウェブメディア

低コスト・低電力なNASを構築できるオープンソースなストレージデバイス「GnuBee Personal Cloud 1」

低コスト・低電力なNASを構築できるオープンソースなストレージデバイス「GnuBee Personal Cloud 1」

最近はネット動画の生配信や実況動画、面白動画などいろんな人が動画コンテンツをお手軽に作れる時代となりました。
動画を作るのはいいんですが、これまでに作った動画ファイルはどうしてますか?
保存するにもHDDを圧迫していませんか?
NASを注文して使うのもいいですが、ちょっと自分用のNASをカスタマイズして作ってみたい方に紹介したいのが今回のプロダクト「GnuBee Personal Cloud 1」です。
GnuBee Personal Cloud 1は低コスト・低電力なストレージを構築できるハードウェア・ソフトウェアともにオープンソースなデバイスです。


GnuBee Personal Cloud 1とは

GnuBee Personal Cloud 1(以下、GB-PC1)はオープンソースソフトウェアを動作させる為に設計されたネットワークストレージデバイス(NAS)です。
こうした無料のフリーソフトウェアとオープンソースソフトウェアをまとめてFLOSSと表現するのですが、GB-PC1は商用のNASと同等の機能を持ちながらFLOSSで得られる透明性や信頼性などを低コストで実現できます。

GnuBee Personal Cloud 1の仕様

公式仕様は以下の通りです。

  • Processor:
    • MediaTek MT7621A
    • dual core, multi thread (Linux kernel sees four cores)
    • 880 MHz, overclockable to 1.2 GHz)
  • Memory:
    • 512 MB DDR3 RAM (maximum amount for the MediaTek chip)
    • soldered to main board
  • Storage:
    • microSD card slot (tested up to 64 GB cards so far)
    • 6 x 2.5” drives (HDD, SSD, or mix and match; drives not included)
    • Recommended RAID levels are 0 and 1 under LVM and MD, and Linux MD RAID 10
  • Connectivity:
    • 2 x Gigabit Ethernet
    • 1 x USB 3.0 port
    • 2 x USB 2.0 ports
    • Serial port (3-pin J1 connector or 3.5 mm audio-type jack)
  • Power:
    • 12 VDC @ 3 A maximum
    • 5.5 mm x 2.1 mm, center-positive barrel jack
  • Dimensions:
    • Bounding box: 8.5” (L) x 2.75” (W) x 5.5” (H)
    • Weight: ~210 g (without drives)
  • Enclosure:
    • 2 x anodized aluminum side plates
    • 6 x threaded brackets and screws
    • 24 x drive screws (four per drive)
  • Software:
  • Sources & Documentation:

 

ストレージにNASを選択する理由

現在はYouTubeなどを始めとすると映像配信やゲーム実況動画、アーティストの音楽ファイルなど多くのデータが大容量化、多量化しています。
それに伴いデータ損失の機会も増えていき、データバックアップの重要性は年々高まっているのは周知の事実です。
バックアップにオンラインクラウドサービスを利用するのも一つの手ではあるのですが、その場合もプライバシーやセキュリティ、コンプライアンスやクラウドサービスの急な終了など様々なリスクを抱えていることがあります。

例えば、

・ストレージデータの上限はどれだけか?またストレージ追加コストはいくらでしょう?
・誰がデータを正しく管理しているか?データ管理に対する体制を確認していますか?
・データを預けているサービスのセキュリティを正しく理解していますか?
・データ管理サービスの利用規約が変更される可能性は考慮していますか?
・データ管理サービスのどの権限までの運営スタッフが自分のデータにアクセスするのか知ってますか?

これらは何もオンラインのサービスだけでなく、NASの機器であっても注意すべきことです。
(例えばハードウェアでもファームウェアが攻撃されることはありますし、出荷時点で悪意のあるソフトが埋め込まれていた事例も無くは無いです)

GB-PC1はそうした不透明部分が無くNASを構築できるケースです。
ソフトウェアだけなく、GB-PC1はハードウェアの回路図もオープンです。

用途

GB-PC1は以下のようなアプリケーションで使用できます。

・ネットワークストレージ&バックアップ
・ファイルサーバー
・ホームメディアサーバー
・ダウンロードサーバー
・ウェブサーバー
・遠隔操作可能なプライベートクラウド

設計

GB-PC1は極力小型で安価で省エネで運用できるように設計されています。
基本的にはルーターの近くに設置して、コマンドラインやウェブインターフェースから操作するのが最適です。

エアフロー

メインボードは密閉されていないので、ファンレスで通気性が良く設計されています。
ファンが無ければほこりなどが少なくなります。

・・・・と、紹介先には書かれてはいたのですが、どのみちほこりは出るでしょうからカバーか何かは被せておいたほうがいいかもしれませんね。

ヒートシンク

エアフローだけでなく、陽極酸化アルミニウムのプレートで熱を逃がすようになっています。

ドライブ

GB-PC1は2.5インチのドライブと互換性があります。
最大6つまで接続可能です。
将来的にバージョンアップ版が出せるのであれば3.5インチドライブにも対応する可能性があるそうです。

ソフトウェア

GB-PC1ではオープンソースのソフトウェアが動作します。
ルータやNASなどを管理するための一般的なスイートを実行できます。

実行可能なスイートは以下のものがあります。

・Debian
・opnemediavault
・libreCMC
・LEDE

まとめ

透明性の高いNASを構築できるのが売りではあるのですが、勿論それ相応のハードウェア・ソフトウェアの知識が必要となります。
ですので、人を選ぶプロダクトとは思いますが、最近では自分の映像作品を作ったり、録画したテレビ番組を保存する人が増えていますのでそういった目的でストレージを持ってみてもいいのではないでしょうか?

$168で支援可能ですので、既にHDD・SSDのストックをお持ちであればコストパフォーマンスも良いかと思います。

GnuBee Personal Cloud 1はCROWDSUPPLYで2017年05月05日まで支援募集中です。

GnuBee: Personal Cloud 1 | Crowd Supply
https://www.crowdsupply.com/gnubee/personal-cloud-1

企画ジャンル

技術・ガジェット

タグ

DebianHDDLinuxNASSSDストレージ

SNSでシェア

ブログパーツ・Widget

ブログへの貼り付けコードを表示

お知らせ

コメントを残す

入力エリアすべてが必須項目です。

PR

PR2

ツイート