CF NETWORK - クラウドファンディング系ウェブメディア

ポケットに入る高級感あふれる7インチラップトップPC「GPD Pocket」

ポケットに入る高級感あふれる7インチラップトップPC「GPD Pocket」

以前INDIEGOGOに登場したGPD WIN、ご存知でしょうか?
携帯できるPCゲーム機という位置付けのWindows搭載PCです。

当サイトでも過去に紹介したことがあります。

そのGPD WINを出したGPDカンパニーが新たにPCのプロジェクトをINDIEGOGOでスタートしました。

そのPCの名前は「GPD Pocket」。
WIndow10とUbuntu16.04をベースとした7インチのラップトップPCです。

INDIEGOGOのプロジェクトは昨日02月15日にスタートしたのですが、実は今回GPDさんの方から事前にプレスリリース情報を頂いてますので、その情報を織り交ぜながらご紹介していきたいと思います。

(2017/06/15追記)そろそろ発送だそうです

(2017/02/16追記)メモリとCPUのアップグレードが決定

GPDさんに「うちも記事で紹介させてもらいましたよー」って連絡入れたら、こんな返事をいただきました。↓

Thanks so much for share this news.^^ We just decide to upgrade 4G RAM to 8G for free,Memory type is still LPDDR3-1600.and also changed the CPU to X7-Z8750^^
Can you please share this good new and let more people know.They must be very happy to know this news.
Thanks and have a great day.

どうもGPD Pocketのメモリを無料で4Gから8Gに、CPUもX7-Z8700からX7-Z8750にアップグレードすることが決定したそうです。
拡散キボンヌということですので、本記事にて追加で記載しました。

GPD Pocketとは

GPD PocketとはWindows10とUbuntu16.04をベースとした7インチのラップトップPCです。

(以下の文は、プレスリリースでいただいたテキストの引用が多めです。)

このGPD Pocketが世に出ることになった背景にはこのような理由があります。
以前の製品であるGPD WINのユーザが持ち運びが簡単でタイピングしやすいノートパソコンに興味を持っているという点。
また、それはPCオタクの人々にとっても同様です。
そして、仕事にPCを使う人々も重いPCを持って出張にでかけたりするのにうんざりしていることでしょう。

だからこそGPDは「GPD Pocket」の発売を決定しました。
GPD Pocketはその名の通り、ポケットに収められるラップトップです。

GDP Pocketのデザイン

CNCアルミニウム合金採用の非常に狭いフレームと7インチスクリーン、QWERTYキーボードで構成されており、全体的にレイアウトがすごくコンパクトにまとまるようにできています。

他社製品との比較

AppleのMacBook AirやMicrosoftのSurface 3との比較をご覧ください。


重さやサイズなどの携帯性で引けを取らず、値段はそれらよりもずっと安価です。

見た目や材質はMacBook Airにも負けない高級感を持っています。

 

GPD Pocketのスペック

GPD Pocketの性能は以下をご参照ください。

気になるバッテリーは7000mAhリチウム電池を採用しており、12時間駆動します。
熱量も計算されており、人体の許容範囲の38度をを超えないように積極的に排熱がされるように設計されています。

電源ケーブルはUSB Type-Cです。
最近のスマホでも次第に使われてきている規格ですね。

micro HDMIケーブルを使えば別ディスプレイに画像を出力することも可能です。

OSについて

Linuxユーザ、Windowsユーザ両方のニーズを満たすためにPocketはUbuntu16.04とWindows10 HOMEが提供されます。
PCでゲームをしたい人などはUbuntuでもWindowsでもSteamが使えるのでどちらも好みで選ぶことができますね。
ただ、デュエルOSでは無い点にはご注意ください。

ソフトウェア開発者には環境的にもUbuntuの方をお勧めしています。

まとめ

ポケットに入るくらいのPCってなかなかありませんし、あってもスペックが低いものばかり。
それこそスマホと同等かスマホのほうがまだマシってレベルのが多い中鳴り物入りで登場したGPD Pocketですが、昨日INDIEGOGOでスタートして初日で支援額が200%越えという大盛況。

前作のGPD WINからの期待度の高さもうかがえます。
正直、これはすごく個人的にも欲しいです。

そんなGPD Pocketは2017年04月までINDIEGOGOで資金募集中です。
気になる方はお早目に!

GPD Pocket: 7.0′ UMPC-Laptop ‘Ubuntu or WIN 10 OS’ | Indiegogo
https://www.indiegogo.com/projects/gpd-pocket-7-0-umpc-laptop-ubuntu-or-win-10-os-laptop–2

企画ジャンル

技術・ガジェット

タグ

GPDLinuxUbuntuwindowsパソコンミニPCラップトップ

SNSでシェア

ブログパーツ・Widget

ブログへの貼り付けコードを表示

お知らせ

コメント

  1. 今年はARM版Win 10も出るから微妙(笑)

    0
  2. 管理人より:

    それはそれ!これはこれ!

    ( ・∀・)パーン!
      ⊂彡☆))Д´)

    0

コメントを残す

入力エリアすべてが必須項目です。

PR

PR2

ツイート