CF NETWORK - クラウドファンディング系ウェブメディア

VR空間をよりリアルに感じるフィードバックを!手触りを体感出来る「Hapto VR」

VR空間をよりリアルに感じるフィードバックを!手触りを体感出来る「Hapto VR」

2016年はPlaystation VRの登場で、日本でもVRが普及し「VR元年」と言われました。視覚的に没入感を与えてくれるVRですが、味覚や嗅覚、触覚には作用する事は出来ません。今回紹介する「Hapto」は、その中でも触覚に対してフィードバックを与え、VRからのフィードバックを拡張。仮想現実をさらに現実に近づける、これから大注目のハプティクスデバイスです。


仮想空間内のモノに「触れる」デバイス

Haptoは、仮想空間内のオブジェクトの形状、密度等を感じる事が出来る、形もユニークなウェアラブルコントローラーです。VR空間でのゲームコントローラーとしての利用だけではなく、今まで体験したことのないような、リアルな体験が出来るそうです。これは未来が来てしまった……。

VRをより楽しく、エキサイティングに

Haptoがあれば、今までのVRゲームもさらに楽しく、エキサイティングに、より現実に近づきます。

VR空間の中のキャラクターに触れます。

FPSも触覚が加わることで、よりリアルに、より恐怖感も増します(これは怖い)。

「触る」以外の機能ももちろん

Haptoの特徴はもちろんこれだけではありません。4つのボタンを持つコントローラーとしてもしっかりと機能。また、特徴的な手の甲の3つのライトは、PCのカメラを通じて、あなたが何処に居るかを正確にキャッチする為のものです。

PCやスマートフォンとは、BlueToothを通じて通信を行います。また、バッテリーは充電式なので、電池をコンビニまで買いに行く必要はありません。エルゴノミクスデザインを施された本体は、どんな手の大きさにも対応。

「触覚」の仕組みはこうなっています

上の動画を観ていただければ一目瞭然なのですが、内蔵された20個の突起が動き、手のひらに刺激を与えてきます。これだけ滑らかに動くのであれば色々な触覚を再現出来そうですね。

様々なVR機器に対応

VR用の機器は様々なものが出ていますが、HaptoはGear VRをはじめOculus Rift、HTC Vive、Daydream View等、ほぼすべてのデバイスに対応。また、今現在は対応していないのですが、PlayStation VRやHololensにも対応予定との事。

まとめ

VR周辺のガジェットも結構揃ってきた印象ですが、感覚をフィードバックする「ハプティクス」という分野は、未だ決定打となるデバイスが出ていません。もしかしたらこのHaptoがデファクトスタンダードになるかもしれませんね。筆者は、2017年はVR関連が大きく動く年だと予想していて、ハプティクスデバイスの出現が今年だと踏んでいました。国内のスタートアップ企業からもハプティクスデバイスが発表されるなど、これからも楽しみな分野ですよ!

HaptoはIndiegogoで、6月末まで資金調達中です。

Hapto VR: Feel everything you touch with VR! | Indiegogo
https://www.indiegogo.com/projects/hapto-vr-feel-everything-you-touch-with-vr–2#/

企画ジャンル

技術・ガジェット

タグ

Gear VRHTC VIVEIndiegogoOculus RiftVRウェアラブルガジェットクラウドファンディングゲームワイヤレス

SNSでシェア

ブログパーツ・Widget

ブログへの貼り付けコードを表示

お知らせ

コメントを残す

入力エリアすべてが必須項目です。

PR

PR2

ツイート