CF NETWORK - クラウドファンディング系ウェブメディア

MacBookでも使われているスペックのCPUがポケットサイズに!?「LattePanda Alpha」は様々なデバイスで使えるCPUボード

MacBookでも使われているスペックのCPUがポケットサイズに!?「LattePanda Alpha」は様々なデバイスで使えるCPUボード

MacBookの中身がポケットサイズに!と聞いたら、まずはノートPC並みの性能を持つスマートフォンなどの携帯デバイスを思い浮かべませんか?「LattePanda Alpha」はもう一捻りして、なんとCPUボードのみで提供します。

デバイスに組み込まれていないことの最大の利点は、Windows、Linux、IoTデバイス・・・とどんな形でも動くことでしょうか。可能性はいわば無限大ってことですね。マニア向け!?そんなことないです(笑)詳しくない人でも使えるように、ケーブル接続で使用できるようになっています。


「LattePanda Alpha」とは

「LattePanda Alpha」とはCPUボードです。MacBookと同じIntelのm3-7Y32プロセッサを採用していること、様々なデバイスで使用できるようになっていることが特徴です。

スペック詳細

RAMも8GB、無線もWi-fiとBluetooth4.2をサポートしているので問題ないですね。サポートしているUSBポートの種類は一番多いです。

多種類のデバイスに対応

「LattePanda Alpha」はデフォルトでWindows10に対応しています。したがってWindowsとして使いたい場合は接続するだけで使えます。

MacやLinuxでも使用したいという声に応えて、ストリーミングケーブルを用意しています。これで「LattePanda Alpha」に接続し、例えばWindows専用のソフトをMacで動かすこともできます。

他にもIoTデバイスとして使用したり、ポケットサイズなのでM.2コネクタとしても利用できます(しかも高機能な)。Arduino対応なので好みで改造もできます。Hackable!


アクセサリが付属のプランも

7インチサイズのタブレットや、チタン製のケースとセットのプランもあるので、アクティブに使いたい人は検討してみるとよいでしょう。


まとめ

以上、MacBookと同等スペックのCPUボードを、様々なデバイスに対応するよう改良した「LattePanda Alpha」でした。組み込みと違っていろいろな用途に使える(hackable)な上、値段も良心的(約3万円~)である点がナイスです。発送は2018年5月を予定しています。

「LattePanda Alpha」は2018年2月6日にてKickstarterにて支援募集中です。

LattePanda Alpha – Soul of a MacBook in a Pocket-sized Board Kickstarter
https://www.kickstarter.com/projects/139108638/lattepanda-alpha-soul-of-a-macbook-in-a-pocket-siz

企画ジャンル

技術・ガジェット製品

タグ

ArduinoBluetoothCPUボードIntelIoTkickstarterLinuxM.2m3-7Y32macMacBookWi-Fiwindowsコンパクトタブレット

SNSでシェア

ブログパーツ・Widget

ブログへの貼り付けコードを表示

お知らせ

コメントを残す

入力エリアすべてが必須項目です。

PR

PR2

ツイート