CF NETWORK - クラウドファンディング系ウェブメディア

日常の風景をARとブレンド!「MAD Gaze」は手の動きやキーボードとも連動するARグラス。拡張現実はもはや映画やゲームだけじゃない

日常の風景をARとブレンド!「MAD Gaze」は手の動きやキーボードとも連動するARグラス。拡張現実はもはや映画やゲームだけじゃない

AR(拡張現実)はいままで圧倒的に「見る」ためのウェアラブルデバイスやアプリが主流でした。グラスを付けていなくても見えるモノ+アプリによる付加情報、といった感じですね。
手の動きを読み取るテクノロジーにより、「MAD Gaze」を使うと現実を動かすことが可能になります。例えば電話や買い物をしたり、ドキュメントを作成したりといったことがARグラスをつけてできるのです。

「MAD Gaze」とは

「MAD Gaze」は、ARグラス「MAD Gaze Vader」がメインです。体の動きを取り込むテクノロジーと豊富なコンテンツで、日常のかなりの動作がARでできるようになる点が特徴です。


豪華な3Dパーソナルシネマ

まずはオーソドックスなARグラスとしての使い方、パーソナル3Dシネマをご覧ください。この迫力!


ARを動かす

「MAD Gaze」が今回力を入れたのが、体、特に手や指の動きを読み取ることです。

指の動きを読み取る

手や指の細かい動きを読み取り、ARに反映させる機能が加わりました。買い物をする時にこのソファーをどこに置こうかな・・・なんて、自分の部屋のインテリアを見ながら考えられます。

SLAMテクノロジー

SLAMテクノロジーとは一言で、現実世界とコンピューターのマッピングです。「MAD Gaze」ではユーザーの動きもコンピューターのデータに反映させることができるので、よりゲームにリアリティが出るようになりました。


MAD STOREでなんでもそろう

「MAD Gaze」対応のコンテンツが揃っているMAD STORE。ゲームや動画だけでなく、ビジネスやライフスタイルもそろっており、最終的には「MAD Gaze」で日常のすべての動作が行えるようなプラットフォームにすることを考えています。



Wi-fiもBluetoothも

「MAD Gaze」はスマートフォンとはWi-fiで接続可能です。

Bluettoothでつながる専用のキーボードも用意しています。メッセージを送ったりドキュメントの作成がARで見たまま、楽に行えるようになります。もう画面の小ささに悩まないはず!


まとめ

以上、現実を「動かす」ところまで拡張したARグラス「MAD Gaze」でした。ARグラスを付けながら歩く人が街中に溢れることを想像すると面白いです。発送は2018年4月を予定しています。

「MAD Gaze」は2017年12月17日までKicksarterにて支援募集中です。

MAD Gaze: Best AR Smart Glasses for Work & Entertainment Kickstarter
https://www.kickstarter.com/projects/1491829370/mad-gaze-best-ar-smart-glasses-for-work-and-entert

企画ジャンル

技術・ガジェット製品

タグ

ARARグラスBluetoothkickstarterSLAMWi-Fiアプリウェアラブルキーボードゲームコンテンツスマホパーソナルシネマ動画

SNSでシェア

ブログパーツ・Widget

ブログへの貼り付けコードを表示

お知らせ

コメントを残す

入力エリアすべてが必須項目です。

PR

PR2

ツイート