CF NETWORK - クラウドファンディング系ウェブメディア

僕達が失ってしまったMagSafeを復活させる為だけに生まれてきた「MagC」

僕達が失ってしまったMagSafeを復活させる為だけに生まれてきた「MagC」

2015年、新しいMacBookがもたらした一番の衝撃は、MacSafeアダプタの終了だった…。とは言い過ぎかもしれませんが、電源プラグとしては確実に最高だったはずのMagSafeが無くなった事は、今まで心配していなかった、「コードを足に引っ掛けてMacBookが転落する」問題を白日の下に晒し、世のMacBookユーザーの足運びに多大なる影響を及ぼしました。

そんなMacBookユーザーにMagSafeを取り戻すガジェット、「MagC」が爆誕であります。

僕達が失ってしまった栄光を取り戻す

MacBookシリーズの優れている所を一つ挙げるとするなら、私はMagSafeアダプタを挙げる。MagSafeアダプタは、「プラグを差し込む」という煩わしさから我々を開放し、「コードに足をひっかけてPCがテーブルから落下する」という悪夢から我々を開放した。

しかし、その悪夢は2015年に再度訪れる事になる。AppleはMagSafeを廃止し、MacBookにUSB-Cのみを搭載するという暴挙に出たのだ。私たちは、電源をつなぐ際にプラグの穴の位置を確認する事を強いられ、コードを足にひっかける恐怖にまた悩まされる事となる。

そこに綺羅星の如く現れたのが、今回紹介する「MAGC」である。MAGCは、USB-Cポートを栄光あるMagSafe式のアタッチメントに変えられるガジェット。しかも、USB-Cの利点である高速転送や、HDMI等の出力にも対応するという、「災い転じて福となす」を地で行く、すばらしいアイテムだ。

片手で簡単に接続、がグレードアップして蘇る

ということでMAGCは簡単にUSB-CコネクタをMagSafeのようにワンタッチで着脱可能なアダプタに変換出来るガジェットです。

USB-Cコネクタの付いている製品であれば、Macだけでなく、WindowsノートやAndroidにも利用可能。Apple製品以外にもMagSafeが付けられるメリットは高いですね。

MagSafeになるだけでなく、USB-Cコネクタとしての機能はそのまま活かせます。つまり、USB-Cの高速データ通信を行う事が可能です。自宅用にHDMIやLAN端子を配したUSB-Cハブを準備しておき、帰宅したらカチッとするだけで、即座にデスクトップ機のように利用する、なんてことも出来ますね。これは便利。

もちろんビデオ出力は5Kに対応。

通電状況がひと目で分かるLEDが付いているのもポイントです。

まとめ

上図は、競合と思われる他社製品との比較です。クラウドファンディングのメリットは、こうした各種競合よりも、より高機能のものを、安価に手に入れられる所にありますが、MAGCも多分に漏れず、他のどの製品よりも高機能で安価ですね。MacBookユーザーには必携のアイテムとなりそうです。

MACGはIndiegogoにて、2017年7月末まで資金調達中です。

MagC: Stylish Upgrade for USB-C, Resurrect MagSafe | Indiegogo
https://www.indiegogo.com/projects/magc-stylish-upgrade-for-usb-c-resurrect-magsafe#/

企画ジャンル

技術・ガジェット

タグ

AndroidIndiegogoMacBookMagSafeUSBUSB-Cクラウドファンディング充電充電器

SNSでシェア

ブログパーツ・Widget

ブログへの貼り付けコードを表示

お知らせ

コメントを残す

入力エリアすべてが必須項目です。

PR

PR2

ツイート