CF NETWORK - クラウドファンディング系ウェブメディア

ゲーミング用に特化した3Dヘッドフォン「Mobius」が登場!最新テクノロジーで心地よい没入感をもたらすハイエンド設計

ゲーミング用に特化した3Dヘッドフォン「Mobius」が登場!最新テクノロジーで心地よい没入感をもたらすハイエンド設計

「没入感」って新しい言葉に出会いました。英語ではImmersiveというそうです。やはり最近になってよく使われるようになったそうで、主にVRなどの仮想現実に一体となるような感覚を指すようです。

それがヘッドフォンに使われるとどうなるのでしょうか?結果は、ゲームの環境を現実の音のように感じるということになりますね。そのために、「Mobius」には最新のテクノロジーがふんだんに使われています。

「Mobius」とは

「Mobius」はゲームプレイ用に特化した3Dヘッドフォンです。「3Dヘッドフォン」「サウンドサラウンドヘッドフォン」の種類に該当するので立体感のある音響はもちろんのこと、サウンドローカリゼーションなどの最新テクノロジーを用いて、まるでゲームの中にいるような気分にさせてくれます。

「Mobius」のドライバーに使われている材料はもともとNASAに向けて設計されたものです。

最先端テクノロジー

まるで現実のようなゲームのサウンドを作り出す、「Mobius」のテクノロジーの一部紹介です。

サウンドローカリゼーション

人間の脳は、方向と距離を根拠として音の発生源を識別する能力を持っています。「Mobius」はこの理論を利用し、同じ種類の音でも強さやタイミングを変化させることでゲームの中にいるかのような臨場感をもたらします。

ルームエミュレーション

私たちが聞く音は、音源から直接来るだけでなく、部屋の壁やその他の物体の音を複数回反射して耳に届いています。「Mobius」はこれを利用し、音源と反射にわずかな差を設けることでリアルな空間感覚を作り出します。

頭の位置を追跡!ヘッドトラッキング

「Mobius」にはヘッドフォンだけでなくヘッドトラッキングも付属します。頭の位置が動いたら当然、音がどこから聞こえるかも変化すべきですよね?というわけで「Mobius」のヘッドトラッキングは、頭部の動きを1秒に1000回(!)正確に追跡し、頭部の位置情報を3Dエミュレーションアルゴリズムに送信し、聞こえ方に反映させます。

こちらからの発信も

さすがはゲーミング用。ボイスチャットにもしっかり対応しています。「Mobius」には、ノイズ減少、ミュート、独立したマイク音量コントロールを内蔵したマイクが付属しており、必要に応じて取り外しができます。

長時間の使用もOK

「Mobius」の高度な技術と軽量で人間工学に基づいたデザインにより、耳の疲労を軽減させ、快適に長時間装着できます。

まとめ

以上、没入感を作り出すテクノロジーが素晴らしい、ゲーミング用ヘッドフォン「Mobius」でした。サウンドは耳も重要ですが、脳も大きな役割を果たしているということですね。発送は6~7月頃を予定しています。

「Mobius」は2018年5月6日までIndiegogoにて支援募集中です。

Mobius: Immersive Cinematic 3D Audio Headphone Indiegogo
https://www.indiegogo.com/projects/mobius-immersive-cinematic-3d-audio-headphone-headphones#

企画ジャンル

技術・ガジェット製品

タグ

Indiegogoゲームサウンドサウンドローカリゼーションテクノロジーヘッドトラッキングヘッドフォンマイクリアル没入感立体空間

SNSでシェア

ブログパーツ・Widget

ブログへの貼り付けコードを表示

お知らせ

コメントを残す

入力エリアすべてが必須項目です。

PR

PR2

ツイート