CF NETWORK - クラウドファンディング系ウェブメディア

睡眠にはベストな枕の温度がある?温度調節が自動でできるスマートな枕「Moona」で快適な眠りを

睡眠にはベストな枕の温度がある?温度調節が自動でできるスマートな枕「Moona」で快適な眠りを

昼間元気に活動するためにとても大切な睡眠。快適な睡眠には部屋の温度はやや涼しい方がベターとはよく聞きますが、枕の温度が関係あるという話は初耳ではないでしょうか。

そう、そして「温度が変化する」枕を見るのも初めてではないでしょうか。スマートピロー「Moona」は本体のスイッチやアプリで簡単に枕の温度を調節できるのです。

「Moona」とは

「Moona」は円柱状のデバイス、ポリウレタンのパッド、アプリの3点セットです。

枕の温度をデバイス本体のスイッチやアプリで簡単に調節できること、睡眠中も自動で温度を調節してくれることが特徴です。

デバイスが水の温度を調節し、それを枕の中のパッドに送り込むことで枕の温度を上げ下げする仕組みです。

使い方

デバイスはベッド脇に設置し、ポリウレタンのパッドは枕の中に入れます。ボタンやアプリから枕の温度を設定できます。

このポリウレタンはどんなサイズ、形状の枕にも対応できるようにデザインされています。

睡眠には快適な温度パターンがある

医師らの研究によると、入眠時は体温が下がっていくこと、起床時は体温が上がっていくことが深い眠りと快適な目覚めに必要であるとわかりました。

睡眠中の「Moona」の自動温度調節は基本的にこのパターンに基づいています。

機械学習により自動調節

睡眠中、枕の温度調節は「Moona」により自動で行われます。初回はユーザーによる設定と研究結果により温度設定を行うのでベストからはやや外れているかもしれませんが、センサーによるユーザーの睡眠データが蓄積されるにつれて、個人に合わせた温度になっていきます。

もちろん、アルゴリズムに頼らずアプリで手動設定も可能です。時間帯ごとに細かな設定までできるようになっています。

睡眠データもアプリで分析

「Moona」と連動したアプリでは、睡眠データの分析や室内環境のアドバイスもしてくれます。アラームをアプリで設定しておけば目覚めやすい温度に「Moona」が調節してくれるので、けたたましい音がなくても自然に起きられます。

まとめ

以上、枕で快適な睡眠をサポートするスマートピロー「Moona」でした。ファミリー向けに4個セットなどもあります。発送はちょうど来年の寝苦しくなる季節、2018年6月を予定しています。

「Moona」はKickstarterで2017年10月27日まで支援募集中です。

Moona – Smart pillow temperature regulation to improve sleep Kickstarter
https://www.kickstarter.com/projects/276774983/moona-smart-pillow-temperature-regulation-to-impro

企画ジャンル

技術・ガジェット製品

タグ

kickstarterアプリアラームスマートピロースマホセンサー機械学習睡眠

SNSでシェア

ブログパーツ・Widget

ブログへの貼り付けコードを表示

お知らせ

コメントを残す

入力エリアすべてが必須項目です。

PR

PR2

ツイート