CF NETWORK - クラウドファンディング系ウェブメディア

夏目漱石、教壇に立つ!アンドロイド化プロジェクト

夏目漱石、教壇に立つ!アンドロイド化プロジェクト

ちょっと前に日本テレビ系列で放送されていた番組「マツコとマツコ」を覚えてますでしょうか?
マツコ・デラックスそっくりのアンドロイドを作って、そのアンドロイドでいろいろ実験を行うというバラエティ番組です。

そのアンドロイド製作技術を擁する大阪大学大学院石黒研究室と夏目漱石も学んだとされる二松學舍大学、朝日新聞社などが共同で夏目漱石のアンドロイド化のプロジェクトを立ち上げました。

漱石アンドロイド プロジェクトとは

二松學舍大学140周年事業の一環とされるこのプロジェクト「漱石アンドロイド プロジェクト」はただアンドロイドを作って終わりではありません。
その漱石を実際に教壇に立たせて講義・講演なども行う予定となっています。
アンドロイドにもっと身近に触れて、受容性を図るというのも目的の一つだそうです。

このプロジェクトは第1部と第2部に分かれており、作成過程を「第1部」、教育現場などの投入を「第2部」と位置づけています。
プロジェクトの支援額によっては第2部のほうで実際に漱石アンドロイドと触れ合う機会も作れるというわけです。

顔はデスマスクを3Dスキャンして製作するという徹底ぶりです。
旧千円札の顔がそのまま3Dになって蘇るわけですね。

漱石アンドロイドの音声については漱石の子孫にあたる夏目房之介先生の声をもとに作成されます。

souseki_01
左は夏目房之介先生。
真ん中は顔の元となるデスマスク。
右は石黒先生です。

リターン

このプロジェクトでは1000円から支援可能です。
1000円では活動報告を受け取るだけですが、3000円では漱石アンドロイドの特別講演参加チケットがもらえます。
また、注目したいのは5000円の支援で受け取れる「漱石タオル」

souseki_02
これがなかなかユニークです。
吾輩はOBである“って書かれてます。
銭湯とかジムとかでさりげなく使ってみたいデザインw

30000円以上からだとこの漱石アンドロイドを操作できる権利まであります。

まとめ

現在のアンドロイド技術がどれだけ進んでいるのかに興味がある人も参考になるし、ただただ漱石ファンという方でも支援する価値がありそうなプロジェクトだと思います。
漱石に実際に「吾輩は猫である」を朗読してもらうとかちょっと面白いかもしれませんし。

それとは別に個人的に「漱石タオル」がちょっと欲しいかも・・・・なんて思ったり。
“吾輩はOBである”って完全にウケ狙いですよねw

そんな漱石アンドロイド プロジェクトは2017年01月31日までA-portで資金募集中です。

文豪・夏目漱石をアンドロイドとしてよみがえらせ、学校の教壇に立たせたい|クラウドファンディング|A-port 朝日新聞社
https://a-port.asahi.com/projects/Souseki_Android/

企画ジャンル

キャラクター・著名人

タグ

A-portAndroidアンドロイド二松學舍大学夏目漱石朝日新聞社

SNSでシェア

ブログパーツ・Widget

ブログへの貼り付けコードを表示

お知らせ

コメントを残す

入力エリアすべてが必須項目です。

PR

PR2

ツイート