CF NETWORK - クラウドファンディング系ウェブメディア

世界初の3Dオーディオ特化型ヘッドフォン「OSSIC X」

世界初の3Dオーディオ特化型ヘッドフォン「OSSIC X」

映像を平面ではなく3DでとらえられるVR(仮想空間)技術。今年に入ってからVRを活用したプロダクトに注目が集まりつつありますが、クラウドファンディングサイト Kickstarter に登場した「OSSIC X」はその勢いをさらに加速させるきっかけになるかもしれません。

OSSIC X: The first 3D audio headphones calibrated to you
https://www.kickstarter.com/projects/248983394/ossic-x-the-first-3d-audio-headphones-calibrated-t

「OSSIC X」 音を立体的に楽しむためのヘッドフォン

cloud_wp_800_400_01

OSSIC Xは音をこれまでになく立体的に楽しむためのヘッドフォンです。人間の頭や耳の形状をセンサーで感知した上で投入感の高い3Dオーディオを提供するというものでプロジェクト開始から出資が続々とあつまっています。

「立体的に楽しむ」という点は、普段意識することなく前後左右、身の回りのあらゆるところから聞こえる音を捉えている人間の聴覚をOSSIC Xでは再現。あたかも背後や頭上といった方角から音が聞こえてくるような体験ができます。

cloud_wp_800_400_03

これらの体験を可能にしているのが内蔵されているOSSIC Xに内蔵されているセンサー。ユーザーの頭の大きさや耳の形状を正確に計測し、頭の動きも捉えます、独自のアルゴリズムで分析し、左右それぞれに4つずつあるドライバーで音を3Dオーディオにカスタマイズしているそうです。

VR技術を活用することでゲームや映画もさらに楽しめる

OSSIC Xを使うとVRゲームの戦闘シーンなどでユーザーは体を動かしながら銃声がすぐ背後で聞こえたり、映画の1シーンで後方から聞こえてきた音を振り向きざまに捉えることが出来たりとより現実感があるリアルな体験が可能となります。

cloud_wp_800_400_04

cloud_wp_800_400_05

cloud_wp_800_400_06

音楽や映画でも従来のホームシアターサウンドシステムを超える立体的な音響を楽しめそうです。

OSSIC X 購入とリターン

cloud_wp_800_400_02

記事執筆時点(2016年3月11日時点)で目標の10倍近い90万ドルを集めています。アーリーバード枠はすでに完売しており、249ドル(約28000円)から入手できそうです。よりリアルなサウンドをお求めの方はチェックしてみてはいかがでしょうか。

OSSIC X: The first 3D audio headphones calibrated to you
https://www.kickstarter.com/projects/248983394/ossic-x-the-first-3d-audio-headphones-calibrated-t

企画ジャンル

技術・ガジェット

タグ

kickstarterOSSIC Xヘッドフォン

SNSでシェア

ブログパーツ・Widget

ブログへの貼り付けコードを表示

お知らせ

コメントを残す

入力エリアすべてが必須項目です。

PR

PR2

ツイート