CF NETWORK - クラウドファンディング系ウェブメディア

人を感知しライトや音楽をつける「RoomMe」。必要なのはあなたの存在だけ

人を感知しライトや音楽をつける「RoomMe」。必要なのはあなたの存在だけ

人間の存在を感知すると自動でパッと点灯するライトなどは夜間や暗いところで大変便利ですよね。

ヒトを感知するセンサーはなんと、人の特徴を判別して誰が部屋に入ってきたかわかるところまで進化しました。「RoomMe」開発チームが特許を取得したセンサーを使えば、なんと部屋のライトをつける時にスマホ操作も声も必要ありません。「あなた」という存在だけで電気をつけることができるのです。

「RoomMe」とは

「RoomMe」とは、近くを通ったヒトの特徴を判定できるセンサーです。

「Smart Homes Aren’t Too Smart」というなかなか挑戦的な文言がキャンペーンページにはありました。犬でもできるヒトの判別が現代のスマートホームにはできないから、というのが理由らしいです。

特徴

専用アプリと連動し、「誰が入ってきたか」によってライト、音楽、エアコン、コーヒーメーカーその他のスマートホームデバイスを全て自動でオンにしたり特定の設定を行ったり点が特徴です。

例えば、あなたを感知した時は室温26℃でジャズをかける、2人で入ってきた時は室温27℃でコーヒーメーカーを入れる、といった調整が可能です。

どうやって動くのか

①センサーは部屋の入口付近の天井に取り付けます。

②①のセンサーが、入ってきた人間の情報をスマホに送ります。

③専用アプリが、②の情報に基づいてあなたの家のスマートホームデバイスを操作します。

条件を変えてみる

時間帯によって

朝ならコーヒーを入れる、夜ならドアに鍵をかける、など時間帯によるパターン設定ができるので便利です。

人によって

「家族といる」パターンは、暖かい色のライトに設定しておきましょう。

まとめ

以上、「誰が入ってきたか」によって部屋の設定を変えられるセンサーとアプリ「RoomMe」でした。タッチも声もいらないなんて、この便利さは今後のスマートホーム市場で注目されそうですね。

「RoomMe」は2017年9月14日までIndiegogoで支援募集中です。

RoomMe: The Intelligent Presence Sensor Indiegogo
https://www.indiegogo.com/projects/roomme-the-intelligent-presence-sensor-mobile#/

企画ジャンル

技術・ガジェット製品

タグ

AndroidIndiegogoiPhoneアプリインテリアスマートホームスマホセンサーブルートゥース

SNSでシェア

ブログパーツ・Widget

ブログへの貼り付けコードを表示

お知らせ

コメントを残す

入力エリアすべてが必須項目です。

PR

PR2

ツイート