CF NETWORK - クラウドファンディング系ウェブメディア

ダブルベッドで眠るカップルには必需品?寝ている場所それぞれに温度が調節出来るスマートな掛け布団「SMARTDUVET BREEZE」

ダブルベッドで眠るカップルには必需品?寝ている場所それぞれに温度が調節出来るスマートな掛け布団「SMARTDUVET BREEZE」

日本の住宅事情的に、夫婦やカップルはダブルベッドで寝ているという方も多いと思います。そして、男性は暑がりで、女性は寒がりというのもよく聞く話。そんな二人が同じベッドで寝る時に起こるのが気温問題。男性側の主張に合わせると女性は寒く、女性側の主張に合わせると男性が暑いという問題は、触り方を間違えると険悪なムードとなり、他の生活にも影響を及ぼしかねません。

今回紹介する「SMARTDUVET BREEZE」が、そんな状況を救ってくれるかもしれません。特殊な機構のシートを掛け布団に内蔵させることによって、男性側を冷やし、女性側を温めるという事が可能になります。

人によって違う快適な睡眠温度

人間が睡眠に費やす時間は、全体の1/4以上。80歳まで生きていると実に20年間は寝ている事になります。ともすると蔑ろにされがちな睡眠ですが、それだけの時間を割いているわけですから、快適に眠れるに越したことはありませんよね。睡眠の大切さを知っている人は、良いまくらやマットレスを利用したり、睡眠管理アプリなどを利用して、心地よい目覚めを手に入れる仕組みを導入したりと、それぞれに「睡眠」を工夫しています。しかし、気温のコントロールまで気を回わせている人は少ないのではないでしょうか。

一人で寝ている分にはいいのですが、ダブルベッドで寝ているカップルは、それぞれに快適な気温が違うので、毎晩エアコンのリモコンの争奪戦を繰り広げるハメになります。そんな状況を打破出来るのが、このSMARTDUVET BREEZEです。

上の写真の通り、左半分と右半分で、それぞれ気温を調節出来るというシステムがSMARTDUVET BREEZEです。

空気を使ってベッドの温度をコントロール

SMARTDUVET BREEZEは上の動画を見ていただくとわかるように、掛け布団の中に仕込まれたエアクッション上のパーツに、専用のユニットから温度調節された空気を送り込む事で、それぞれの温度を分ける、という仕組みになっています。

今まで使っていた掛け布団に、SMARTDUBETのユニットを入れるだけの簡単設置。なので、勝手は見たけどサイズが合わなかった…なんてこともありません。

空気が入る層を二層にすることで、温度を上げるために布団がパンパンにならず、快適なかけ心地をキープ出来るようです。細かい工夫ですが、いいですね。

サーモグラフィで実際に使っている様子。確かに左半分と右半分で温度が違うことがわかります。これは快適。

温度調整は専用のアプリで

IoT、とまではいきませんが、温度調節の為の専用のアプリケーションが用意されています。iPhone、androidでご用意。寒い日もいちいちベッドを抜け出さずに温度調節が可能です。

ちなみにこちらが送風ユニット。ベッドの下に収納するのが基本のようですが、ベッドの下にスペースがなかった場合は、ベッドの足元でチューブがつながる場所だったらどこでもOKでしょう。

まとめ

冬場になると電気あんかを利用したり、ふとん乾燥機を引っ張り出してきて寝る前に作動させたり、夏場は枕元に冷却材を忍ばせたりと、寝る時の温度調節は一手間かかるものが多かったのですが、SMARTDUVET BREEZEなら常に掛け布団にインストールされた状態ですので、スマホで簡単に温度調節が可能になります。また、何より左右で温度が分けられるというのは、世界中のカップルのいざこざを減らしてくれる、夫婦関係の救世主となってくれるかもしれませんね。

SMARTDUVET BREEZEはIndiegogoで、2017年7月15日まで資金調達中です。

SMARTDUVET BREEZE Dual-Zone Temp Self-Making Bed | Indiegogo
https://www.indiegogo.com/projects/smartduvet-breeze-dual-zone-temp-self-making-bed-home-innovation#/

企画ジャンル

技術・ガジェット

タグ

Indiegogoクラウドファンディングスマート寝具寝具睡眠

SNSでシェア

ブログパーツ・Widget

ブログへの貼り付けコードを表示

お知らせ

コメントを残す

入力エリアすべてが必須項目です。

PR

PR2

ツイート