CF NETWORK - クラウドファンディング系ウェブメディア

まるで首にカイロを巻いているよう。カラーがオシャレなスカーフ「SUSTAIN SPORT Heated Scarf」はなぜすぐに温まるのか

まるで首にカイロを巻いているよう。カラーがオシャレなスカーフ「SUSTAIN SPORT Heated Scarf」はなぜすぐに温まるのか

1月下旬になりましたが、大雪が降ったり路面が凍結したりと寒い日が続きますね。マフラーとコートを着込んでもそれでも寒い人、今回は「世界一あったかい」とされているスカーフをご紹介します。

「SUSTAIN SPORT Heated Scarf」はスカーフ自体が熱を持つ仕組みになっています。なんといっても15秒程度(!)で適温まで上がることが魅力です。


「SUSTAIN SPORT Heated Scarf」とは

「SUSTAIN SPORT Heated Scarf」は防寒用のスカーフです。ただ保温するだけでなく、スイッチを入れるとスカーフ自体が放熱する仕様が特徴です。


どんな仕組みか

「SUSTAIN SPORT Heated Scarf」の中にはグラフェン素材を用いた加熱シートが入っています。スイッチを押すと内部のモバイルバッテリーの電源が入り、シートへエネルギーを送る仕組みです。

グラフェンは世界で最も熱伝導が良いとされており、軽量素材として注目され始めています。おかげで「SUSTAIN SPORT Heated Scarf」でも、スイッチを入れて15分で42℃(設定によっては46℃)にまで温めることができます。

モバイルバッテリー

内部のバッテリーは1度の充電で3.5時間の放熱が可能です。一度温まったらスイッチを切ればよいので十分ですね。尚、安全のために60分たったら自動的にいったん停止するようになっています。

カラーバリエーション

さすがウェアラブルなだけあって、カラーは選べるようになっています。バッテリーの重さを入れてもたった205グラムなので、厚手のスカーフよりも軽いという計算になります。スキーなどアクティブな活動にもOKです。

まとめ

以上、熱をよく伝えるグラフェン素材により15秒程度で温まるスカーフ「SUSTAIN SPORT Heated Scarf」でした。発送は2018年2月を予定しているので、必要な季節には日本もぎりぎり間に合うかもしれません(*´ω`*)

「SUSTAIN SPORT Heated Scarf」は2018年2月19日までKickstarterにて支援募集中です。

SUSTAIN SPORT Heated Scarf — The warmest Scarf in the world Kickstarter
https://www.kickstarter.com/projects/sustainsportcr/sustain-sport-heated-scarf-the-warmest-scarf-in-th

企画ジャンル

技術・ガジェット製品

タグ

kickstarterアウトドアアクティブウェアラブルカラーグラフェンスカーフスキーバッテリー防寒

SNSでシェア

ブログパーツ・Widget

ブログへの貼り付けコードを表示

お知らせ

コメントを残す

入力エリアすべてが必須項目です。

PR

PR2

ツイート