CF NETWORK - クラウドファンディング系ウェブメディア

ユニークな形状で持ち運びにも便利。「SYLPH」は旅先で髪を守る女性の強い味方なドライヤー!

ユニークな形状で持ち運びにも便利。「SYLPH」は旅先で髪を守る女性の強い味方なドライヤー!

ホテルにドライヤーが常備されている事も増えてきましたが、旅先でもお気に入りのドライヤーを使いたいのは女性の本音ではないでしょうか。でも、持ち運べるようなドライヤーはパワーも足りなく、思いの外かさばってしまうのも事実。「SYLPH」はスタイリッシュでコンパクトな外観と、すぐに髪の毛を乾かすパワー、さらには今やドライヤーには標準装備と言っても過言ではないイオン発生機能まで付いている、優れものの女性の味方です。

軽いのにハイパワー。iPhone7とほぼ同じ重さ

SYLPHはコンパクトなドライヤー。重さは150gと、iPhone7の138gとあまり差がありません。つまり、スマホ一台程度の重さしかありませんから、持ち運びにかなり便利。

軽くてコンパクトだと、パワーが気になります。上の図を見ていただければ一目瞭然。消費電力は大型のドライヤーよりも少ないのですが、パワーはダントツです。

スマートウィンドモードで、髪を守る

SYLPHには3つのモードがあります。通常のドライヤーと同じ温風モードは、高精度なセンサーが毎秒50回も温度を測定し、最適な温度に一定に保ちます。また、スタイリングをする際の冷風モードももちろんあります。

そして最後のモードはこの「スマートウィンドモード」です。通常のドライヤーは上の図の右側のように、徐々に熱くなっていくのですが、SYLPHのスマートウィンドウモードは、逆に徐々に温度を下げていくモードです。乾かし始めはある程度の温度で一気に乾かしていき、髪の毛が乾いてきたら温度を下げていって髪の毛を落ち着かせるわけです。

また、イオン発生ユニットも内蔵されているため、髪の毛をツヤッツヤにしてくれます。コンパクトなのにこんなに多機能でいいのでしょうか。

アタッチメントで風の流れもコントロール

交換可能なノズルがついていますので、ストレートヘアをしっかり伸ばすことも可能です。

逆にウェーブヘアをさらにボリュームアップさせるディフューザーに変更も可能ですよ。

まとめ

もちろん、旅行用としてではなく、自宅で常用してもOK。上の動画のようにウォールマウント用のアタッチメントもありますから、置き場所にこまることもありません。大きなドライヤーは、髪を乾かす際に結構腕が疲れるもの。これだけ高機能なドライヤーなら、自宅で普通に使うドライヤーとしてもベストですよね。

SYLPHはIndiegogoで、2017年7月中旬まで資金調達中です。

SYLPH: First portable hair dryer with heat control | Indiegogo
https://www.indiegogo.com/projects/sylph-first-portable-hair-dryer-with-heat-control-beauty/x/13801915#/

企画ジャンル

ファッション・デザイン技術・ガジェット

タグ

Indiegogoオシャレクラウドファンディングコンパクトドライヤー持ち運び旅行

SNSでシェア

ブログパーツ・Widget

ブログへの貼り付けコードを表示

お知らせ

コメントを残す

入力エリアすべてが必須項目です。

PR

PR2

ツイート