CF NETWORK - クラウドファンディング系ウェブメディア

世界初!機械式時計とタッチスクリーンが両立するハイブリッドなスマートウォッチ「ZeTime」

世界初!機械式時計とタッチスクリーンが両立するハイブリッドなスマートウォッチ「ZeTime」

スマートウォッチが世に出て数年が経ちます。
ですが、どうでしょう?
スマートウォッチの浸透具合が停滞気味だと感じませんか?

オシャレでない。
バッテリーの持ちが良くない。
時間を見るのに一手間要る。

など、どうしてもちょっと気になるところがあるのは否めません(と個人的には思っています)。
一番有名なスマートウォッチと言えば何を思い浮かべますか?

○○○○○○○○○ですかね?

その思い浮かべたスマートウォッチは、オシャレですか?
すぐに時間を確認できますか?

今回ご紹介するZeTimeは機械式時計とタッチスクリーンの両方を兼ね備えているスマートウォッチです。
デザインもスイス発で見た目も機能も満足できそうなプロダクトです。


ZeTimeとは

「ZeTime」はスイスで設計されたクラシックなデザインとスマートな機能を共有するスマートウォッチです。

丸型のカラータッチディスプレイでありながら、機械式時計のように時計の針も取り付けるという画期的な技術が使われています。
特許申請中の技術を搭載しており、装着している人の位置を参考に自動で時間を調整してくれます。
さらには1回の充電で30日動作可能。(充電についてはページ下記も参照してください)

ZeTimeが革新的なのは、TFTカラーディスプレイと時計の針のメカニカル部分、タッチパネルとゴリラガラスを複数の層で構成しているところです。

スマートムーブメント

「針がスクリーンの邪魔にならないの?」
そんな心配要りません。
スマートムーブメント技術によって時計の針を自動制御。
スクリーンの視認性を最大限高めてくれます。

なので、時計の針がメールやインスタントメッセージなどを読むときの邪魔になることは無いんです。
水平にスクリーンを2分割して見るのも可能です。

自動時間調整

異なるタイムゾーンの場所へ移動したって、時計の針を都度調整する必要ありません。
ZeTimeはスマホと連携して自動で時間を同期します。

バッテリー性能

1回の充電でスマートウォッチモードでは約3日間、メカニカル(時計)モードでは約30日間持ちます。
四六時中スマートウォッチの機能をフル活用するわけでも無いと思いますので普通の時計としても支障無く使えるというのは嬉しいですね。

ちなみにフル充電にかかる時間はおよそ2時間とのこと。

デザイン

ラウンドカラータッチスクリーン

丸型のフルカラーTFTタッチスクリーンで、直感的に操作可能。
通知やアクティビティ、ZeTimeのアプリ操作などお手軽です。

ステンレス製のウォッチフェイス

スイス発の洗練されたデザインのステンレスのウォッチフェイス
厚さはたったの12.8mmです。

ゴリラガラス

ガラスは耐熱・頑丈なゴリラガラスを使用しています。

機能

スマートクラウン(竜頭)

竜頭で様々なメニューの選択・決定などが操作できます。

防水

(水深30メートルまでの)3ATMまでの防水耐性を備えているので濡れるのを気にしなくても大丈夫。

バンド交換可能

ZeTimeはリストバンドを毎日交換できるように簡単に設計されています。
市販のバンドに取り替えて個性を出すこともできます。

常に時間を確認

時計なら時間が見れて当たり前。
「何を言っているのか」と思うかもしれませんが、スマートウォッチは電池の消耗を抑えるために腕の動きを検知しない間は表示をオフにしているものが多いんです。
ところがZeTimeにはスマートウォッチにありがちな「画面がオフの時には時間が見れない」なんてことはありません。
画面がオフでも目を向けると常に時間が確認できます。

でも、機械式時計なら当然そんな不便は無し!

通知

もちろんスマホのメッセージをチェックしてZeTimeのスクリーンに表示するというスマートウォッチの基本機能は備えてます。

対応アプリはこのような感じです。

遠隔操作

ZeTimeからの操作で音楽アプリを操作することは勿論のこと、集団写真を撮るために遠隔でカメラを起動させたり、スマホに触れずに電話を鳴らせることもできます。

ファッション

見た目もアナタのスタイルに合わせてバンドを変えたり、フェイスを変えたりいろんなTPOに合わせて使用できます。

光学式心拍センサー

精密な3LED光学センサーで自動、あるいは任意で心拍数のモニタリングが可能です

運動時・平穏時などの心拍数をチェックできます。

また、ZeTimeは歩数や距離、消費カロリ-などの活動量も測定可能。

日々の補助

カレンダーに登録している今後の予定をリマインドしてくれたり、天気予報を表示してくれたり日々チェックするものをサッと出してくれます。

ギャラリー

ORIGINAL・PREMIUM・ELITEという3種類の、バンドやフェイスが異なるバリエーションが用意されています。
各種類によって値段も若干変わってきます。

インターフェイス

日々の気分でウォッチフェイスを変えるのもいいですね。

専用アプリ

ZeTimeはAndroid、iPhoneの両OSに対応しています。

ですので、Bluetooth対応であればだいたいのスマホで使えるということですね。
対応OSのバージョンはAndroid4.3以上、iOS8.0以上です。

まとめ

スマートウォッチとして完成度が高いZeTimeですが、そもそもこのZeTimeを出すMyKronozは、スマートウォッチや活動量計などをいくつも販売しているスマートウォッチに特化したメーカーなんです。

なので、ZeTimeも単発で終わるようなプロダクトではなく、長くサポートが続くと見て問題無いかと考えています。
(あくまで個人的な意見なので保証はできませんが。)

また、FAQを見ますと日本語にも対応とのことなので安心して支援できそうです。
価格もバンドの種類によって多少違いが出ますが、最も安価なもので$139から支援可能。

オシャレで実用性の高いスマートウォッチをお探しの方は是非検討してみてはいかがでしょうか?
ZeTimeはkickstarterで2017年04月27日まで支援募集中です。

ZeTime: World’s first smartwatch with hands over touchscreen by MyKronoz Switzerland — Kickstarter
http://kck.st/2nMRSHC

企画ジャンル

技術・ガジェット製品

タグ

kickstarterMyKronozスイススマートウォッチタッチスクリーン機械式時計

SNSでシェア

ブログパーツ・Widget

ブログへの貼り付けコードを表示

お知らせ

コメントを残す

入力エリアすべてが必須項目です。

PR

PR2

ツイート