CF NETWORK - クラウドファンディング系ウェブメディア

【レビュー】話題のスマートウォッチ「Pebble2」が届いたのでレビュー!

【レビュー】話題のスマートウォッチ「Pebble2」が届いたのでレビュー!

電子ペーパーで消費電力も少なく安価ということで人気のスマートウォッチ「Pebble」の最新版「Pebble2」がようやく届きました。
スマートウォッチとしてだけでなく、アクティブトラッカー(活動量計)としても使えるようになったことでより使用用途が広がって興味を持ち始めた方もいるのではないでしょうか?

数日使ってみましたので、感想をレビューしてみたいと思います。

投函されてきたPebble2

結構前にメールは届いてました。

「郵便局に渡しましたよ!」的な。
そんなことを言われても、郵便局に渡った後はどうなってんのーーーー???
とやきもきすること1週間ほど。

家のポストに投函されていた薄い封筒。
思った以上に薄かったのが印象深いです。

pebble2_01

 

開けるとちゃんとPebble2が入ってました!

pebble2_02

 

箱の外装はこんな感じです。
アクティブトラッカーが強調されているパッケージですね。
pebble2_03

Pebble2開封!

いろんな言語で「こんにちわ」。
あなたもわたしもこんにちわ。
マイクに向かってこんにちわ!
ってくらいの挨拶テキストが並んでます。
pebble2_04

 

次に目につくのは、イラストでの組立説明と充電方法についてです。
シンプルで分かりやすいですね。
pebble2_05

 

さらに広げると、各言語での説明書きがされています。

あと、ステッカー。
pebble2_06
写真右下の「Wryyyyyyy!!」みたいなジェスチャーのものがステッカーです。
・・・・ステッカーって使いますかね?
よっぽどのファンなら車やPCに貼ったりするんでしょうか?

 

腕につけてみた

とりあえず腕に巻いてみました。
この時計のマークはシールです。
出荷時についている液晶保護用のものかと思います。
pebble2_07

 

なので、シールをペラッと外します。

電子ペーパーがお目見えです。
pebble2_08

 

充電します

開封直後は勿論充電する必要があるので、一旦腕から取り外します。
そして充電するわけですが、充電は付属のケーブルをカチッとくっつけるだけです。
ケーブルの先端はUSB端子です。

pebble2_09

 

ペアリング

手持ちのAndroid端末とペアリングしているところです。
非常に簡単です。

GooglePlayからPebbleの公式アプリをスマホにダウンロードしておきましょう。
その際、はじめてのPebbleならアカウント登録が必要になります。
pebble2_10

 
pebble_app
https://play.google.com/store/apps/details?id=com.getpebble.android.basalt&hl=ja
 

Pebble2起動してみる

そして、起動してみてウォッチフェイスを適当にチョイスしてみた時のを撮ったのこちらです。
pebble2_11

写真越しではあまり伝わりにくいかもしれませんが、見やすいです。
外出時でも屋内でもくっきり見れます。

夜間や暗い場所ではバックライトが付きますので時間を見るのに支障はありません。

 

日本語化

Pebble2はデフォルトでは日本語に対応していません。
ですが、Pebble2はマルチバイト言語に対応していますので、有志の方が作成されている日本語パックを導入することで日本語で利用することが可能です。

ありがたいですね。

Pebble CJK: 日本語言語パック
http://wh.to/pebble/wiki.php?%E6%97%A5%E6%9C%AC%E8%AA%9E%E8%A8%80%E8%AA%9E%E3%83%91%E3%83%83%E3%82%AF#.WDUrz_mLRaQ

 

LINEの通知なんかもちゃんと見れます。
(さすがにLINEスタンプは見れませんが・・・。「スタンプを送信しました」というメッセージは届きます。)
pebble2_12

 

Gmailなんかもちゃんと見れますよ。

pebble2_13

 

ゲーム

あと、ゲームも結構な数が公式ストアで公開されています。
操作できるボタンが3つだけなので、ガチガチのアクションゲームなどはさすがに難しいですが簡単なミニゲームなどで時間を潰すくらいなら充分遊べます。

pebble2_14

 

活動量としてのPebble

Pebble2となって、活動量計としての機能も追加されました。
心拍数と運動量、あと睡眠を検出できるようになっています。

スマホアプリでそれらのログを確認することもできます。

 

まずは運動量。
歩数を数えてくれています。
自分の身体データを入力することで消費カロリーなども算出してくれます。

pebble2_15

 

次に心拍数。
ジムやランニング、運動などをどんなスパンで行ったかを確認するのに便利ですね。

pebble2_16

 

Pebble2は睡眠の長さや深さなども測ってくれます。
自分の睡眠の質を把握することが良い睡眠を得るためのヒントにもなると思います。
pebble2_17

 

通知

Pebble2を腕に巻いていると、いろんな通知がきます。
正直、「これは要らない・・・」というような通知がくることもあります。

そうした通知の不要・必要などもアプリで設定することができますので、自分が欲しい通知だけを受け取ることができます。
pebble2_18

まとめ

まずは付けてみてすぐに感じた感想ですが、ベルトがシリコン製ということもあって人によっては若干チープ感を感じるのは致し方ないのかなと感じました。
ただ、活動量計として使うことを前提として考えると、この柔らかいベルトが運動時に全く邪魔にならないというのは素晴らしいです。

実際にPebble2をつけてランニング1時間ほどしてみましたが、全然腕に違和感を感じませんでした。

また、スマートウォッチとしてみても、充電が週に1回ほどで良くて、わざわざスマホを取り出さなくても通知が手軽に見れるというのは思った以上に便利です。
日中、ずっといじっていても3日ほどはバッテリーが持ちましたよ。

防水加工もありますので、シャワー時でも運動時でも睡眠時でもいつでもつけっぱなし。
それで自分の心拍数や歩数なんかも記録してくれるし、通知も見れる。
スマホを持ち運ぶよりもずっと気軽に携帯できますね。

なにより$99という安さも強みの1つです。
(実際の発売時にはもう少し値段変動しているかもしれませんが・・・。)

今回、Pebble2を使ってみた感想としては「普段使い用」として気軽に持っておいて損の無いデバイスだと思いました。

タグ

PebblePebble2smartwatchスマートウォッチレビュー時計活動量計

SNSでシェア

お知らせ

コメントを残す

入力エリアすべてが必須項目です。

PR

PR2

ツイート